詳細を見る

Nvidiaが時価総額3兆ドルに到達、AIトークンの売りを誘発

6 mins

ヘッドライン

  • エヌビディアの時価総額は、10対1の分割後、月曜日に30億ドルを突破した。
  • NVDAの株価は一株あたり120ドルまで急騰し、アップル社のAAPLを事実上5倍上回った。
  • AIトークンの取引量はセクター全体で10%急増し、大規模な売り越しを反映した。
  • promo

エヌビディア社が10日、時価総額3兆ドルの大台に乗り、事実上アップルを抜いた。

一方、AIトークンは取引量が10%急増する一方、価格を下げており、いわゆる「噂を買ってニュースを売る」状況となっている。

エヌビディア、時価総額3兆ドルでアップルを上回る

チップ製造大手のエヌビディアの時価総額は3兆ドルに達し、直近の取引セッションではゲームストップ(GME)に次いで2番目に多く取引された。これは、チップメーカーがNVDAの株式を10:1に分割した後のことで、これにより、同社の従業員や個人投資家は、NVDAの株式をより簡単に、より手頃な価格で購入できるようになる。

「NVIDIAは時価総額3兆ドルを突破し、従業員1人当たり1億200万ドルの価値がある」と暗号資産監視ツールRadarは投稿で強調した。

データによれば、エヌビディア株は現在、アップル社(AAPL)株の5倍の価値がある。分割直後、NVDAは1株あたり120ドルまで急騰し、その後現在の価格である102ドルまで下落した。

10:1分割後のエヌビディア株NVDA
10:1分割後のNVDA:レーダーヒット

つい最近、エヌビディア・コーポレーションはラッセル2000指数に100億ドルの差をつけ、6月3日に459億4000万ドルの出来高を記録した。米商務省が最近、中東諸国へのAIプロセッサーの輸出に新たな制限を課す動きを見せているにもかかわらずだ。これらの措置は、セキュリティ上の懸念、特に高性能チップが中国に転売されるリスクに対処することを目的としている。

商務省の発表によると、「最先端技術に関しては、省庁間のプロセスを通じて広範なデューデリジェンスを行い、これらの先端技術を世界中に出荷しようとする申請者からのライセンス申請を徹底的に審査する」という。

チップメーカーのAMDとNvidiaは、ライセンス取得が遅れる中、AIアクセラレータの輸出承認取得に苦戦しており、NVDAの株価はこの決意のため5月下旬に下落した。このニュースの前には、AIとビッグデータに関連する暗号資産が、特にNVDAがAAPLをアウトパフォームした場合に上昇するだろうという一般的な憶測があった。この予想は、AIトークンとGPU大手のNVDAとその株価に関わる過去の出来事との間に正の相関関係があることから生じた。

AIトークンの取引量が急増

エヌビディア・コーポレーションの10:1分割への期待は、市場ウォッチャーが潜在的な影響を推測する中、AI関連暗号通貨への関心をかき立てた。その中で、レンダー(RNDR)の価格は日曜日に5%急騰し、安値の8.921ドルから高値の9.262ドルまで上昇した。同様に、ニア・プロトコル(NEAR)は3%上昇し、インジェクション(INJ)の価格は10%爆発して29.31ドルの日中高値をつけた。

この急騰は典型的な「噂を買う」状況であり、典型的な「イベントを売る」反応として、これらのトークンは下落した。AI暗号資産の取引量は10%増加し、大規模な利益確定を示した。これにより、AI暗号資産の時価総額は3%近く減少し、348億ドルとなった。

関連記事:暗号資産のAI取引におすすめのアプリ6選

AIトークンの時価総額
AIトークンの時価総額 出典:コインマーケットキャップ

噂を買い、ニュースを売る」という格言は、噂、イベント、またはニュース発表に対する予想される市場の反応の予測に基づく逆張り取引戦略である。投資家は、大衆が広く情報(噂)を広め、処理する前に行動することで、価格の動きを利用しようとする。この戦略は、資産価格にプラスの影響を与える可能性のある特定の出来事に関する噂が表面化すると、賢明なトレーダーはその憶測(噂)に基づいて資産を買うことができる。

そのニュースが伝わると、市場がすでに予想される出来事の値決めを行っている場合には、売りが発生する。これにより、賢明な人々(初期投資家)は利益を得ることができる。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge
暗号資産とブロックチェーンへの情熱を追求するため、分子細胞生物学のキャリアから転身。技術アナリスト、暗号資産ジャーナリスト、ブロックチェーンレポーターとして、同氏は価格変動、規制変更、業界関連のマイルストーンなど、市場の混乱に最も活かされている。 BeInCryptoでは、支配的な通貨システムの手、ポケット、そして心からあなたを解放します。InsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでは、7,000以上の記事を執筆しています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー