詳細を見る

NZ中央銀総裁、ビットコイン、ステーブルコインは中央銀行のマネーを代替できない

5 mins

ヘッドライン

  • NZ中央銀行のオア総裁はステーブルコインを「最大の誤解」と批判し、法定通貨に比べて不安定であることを強調した。
  • Orr氏はビットコインの限界を強調し、中央銀行の貨幣のような交換手段、価値の保存、口座の単位としての役割は果たせないと述べている。
  • 米国ではステーブルコインの規制が間近に迫っており、ウォーターズ下院議員は従来の銀行と同等を目指し、「非常に、非常に近い」合意であることを示した。
  • promo

ニュージーランド中央銀行のエイドリアン・オアー総裁は12日、従来の法定通貨に代わる暗号通貨、特にステーブルコインとビットコインの実行可能性について批判的な声を上げた。

オアー氏の鋭い論評は、これらのデジタル資産に内在するリスクと不確実性に光を当てている。

ビットコインの誤解とステーブルコインの安定性に関するオアの見解

ステーブルコインは、法定通貨のような安定した資産の価値にペッグされた暗号資産トークンであり、不安定な暗号市場において安定性を提供する可能性があるとして、しばしば宣伝されている。

しかし、オアー氏は、この安定性は幻想であり、金融の現実よりも知覚に根ざしていると強調する。同氏は次のように述べた、

ステーブルコインは最大の誤解であり、矛盾である。ステーブルコインを提供する人のバランスシートと同じ程度にしかならないのです。

この発言は、安定性が裏付けとなる事業体と同様に変動する資産に依存することの不安定さを強調している。

続きを読む2024年のベスト・ステーブルコイン・ガイド

オアー氏はまた、より広範な金融エコシステムにおける暗号通貨の役割についても深い懸念を表明した。同氏は、暗号通貨が貨幣の重要な役割を果たす能力に疑問を呈した。これには、交換手段、価値の貯蔵、口座単位などが含まれる。

オアー氏は、ビットコインやその他の暗号通貨は、これらの面で不十分であると確信している。同氏は次のように述べた、

ビットコインは交換手段でも、価値の貯蔵でも、口座の単位でもないのに、人々はそれをそのように使おうとする。

この懐疑論は、これらのデジタル通貨が世界の金融システムを弱体化させる可能性にも及んでおり、この懸念は世界中の多くの中央銀行が共有している

こうした懸念にもかかわらず、ステーブルコインの時価総額は現在、1年ぶりの高水準で1370億ドルを超えている。

Stablecoin total market cap. Source: DeFiLlama
ステーブルコインの時価総額|出典:デフィラマ

米国におけるステーブルコインの情勢

一方、米国では、ステーブルコインの規制が大きく変化しつつあるようだ。マキシン・ウォーターズ下院議員は、ステーブルコインの規制が完成に近づいていることを示唆している。

この規制への動きは、その急速な拡大と革新が特徴的な業界において、監視の必要性が高まっていることの反映である。

関連記事:【2024年展望】CBDC&ステーブルコインの日本国内での動き

間近に迫った規制は、消費者と金融機関の双方にとって切望されていた明確性と安全性を提供し、伝統的な銀行と暗号資産セクターの間の競争の場を平準化すると期待されている。

暗号通貨の役割と規制をめぐる議論が続く中、オールの洞察は、このような新しい形態の貨幣を既存の金融システムに統合する際に内在する課題と複雑さを、痛切に思い起こさせる。

彼の専門知識と慎重な姿勢は、デジタルの世界における金融の未来について現在進行中の議論に貴重な視点を提供している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

kyle-baird.png
Kyle Baird
カイルは2010年にペンシルベニア州のイースト・ストラウドバーグ大学を理学士号で卒業後、アメリカ東海岸から東南アジアに移住した。祖父の跡を継いだカイルは、10代で株と貴金属の購入を始めた。これが暗号通貨について学び、執筆することに興味を持つきっかけとなった。同氏は2016年にBitcoinistのコピーライターとしてスタートし、2018年の初めにBeInCryptoの編集者の役割を担うようになった。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー