詳細を見る

OHMS、BRC20・DRC20・SRC20対応のマーケットプレイス「OXDX」をローンチへ

2 mins

BRC-20トークンのトラッキングサイト「BRC-20Insider」運営するOHMSは5日、BRC20DRC20SRC20に対応するマーケットプレイスOXDXを近日中にパブリックベータ版として公開することを発表した。

現在、BRC-20トークンを取引するためにはUnisatのテストネット版マーケットプレイスやOrdinalsWalletにアクセスする必要がある。しかし、DRC-20/LRC-20など、対応のマルチチェーンマーケットプレイスを作成することで、ユーザーは各マーケットプレイスに移動することなく取引が可能に。

OHMSではマルチチェーンブリッジも構築中。同ブリッジによりネットワーク間でシームレスな取引が可能になる。同ブリッジおよびマーケットで使用可能な「ohms_gate_token」は各チェーンで取引可能で、OHMSの流動性を提供。同社は「BRCスキャナー」も開発中で、Etherscanと同様にBRCエコシステム特有のブロックチェーンエクスプローラーとして機能する。ユーザーは取引の追跡や、アドレス調査など、全体的なネットワークの活動に対する分析が可能だ。

ネィティブトークンOHMSを所有するユーザーは、大口取引ユーザー(クジラ)の取引をトラッキングが可能となる。OHMSホルダーには「Private-cell」機能も提供される。同機能を通じてユーザーはローンチ前のプロジェクトの早期にミントや、情報へのアクセスが可能。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー