詳細を見る

OKXは新しいバイナンスか ― トップが退任

5 mins

ヘッドライン

  • 主要幹部がOKXを退社、かつてのBinance危機と響き合う
  • ティム・ビョンとウェイ・ランがブランド統合のために辞任した。
  • OKXは潜在的な不安定要素や犯罪捜査に直面しているのか?
  • promo

暗号資産取引所大手OKXの主要幹部が17日、退社し、そのエコシステムにさまざまな憶測と懸念を呼んでいる。

この出来事は、世界最大の暗号資産取引所の1つBinanceのかつての状況に似ている。

OKXの従業員はなぜ辞めるのか?

Okcoinの元CEOで、後にOK Groupのグローバル・ガバメント・リレーションズ・オフィサーとなったティム・ビョン氏と、OKXのプロダクト・ヘッドであるウェイ・ラン氏が退職したと報じられている。OKXが事業を単一のグローバルブランドに統合する中、従業員の離職は会社の安定性と将来について重大な問題を提起している。

ビョン氏は暗号資産コミュニティでは有名な人物だ。同氏はOkcoinでCEOを務めた後、世界政府との関係を重視する職務に転じた。OKXからの退社が報じられる中、彼のLinkedInプロフィールには突然の変更が反映されていない。

ティム・ビョン職歴
ティム・ビョン氏の職歴 出典:LinkedIn

同様に、Wei LanはOKXのトレーディングデスク業務の管理に不可欠な存在だった。こうした異動のタイミングは、OKXが米国の独立したアイデンティティから戦略的に脱却する時期と重なる。

OKXの上層部におけるこのような配置転換は、バイナンスが厳しい法的挑戦と43億ドルの規制当局との和解に直面する前に展開された出来事を反映している。バイナンスでは、対テロ財務アドバイザーのジェニファー・ヒックス氏を含む上級職の辞任が相次ぎ、大規模な法的措置とリーダーシップの刷新を予感させた。

中でも注目すべきは、バイナンスのフランス部門のマネージング・ディレクター、ステファニー・カボシオラス氏で、彼の退社はトラブルの発生を示唆していた。こうしたOKXの変化の中で、コミュニティは深い懸念を表明している。

「OKXは複数の犯罪捜査を受けていると噂されています。私たちは、起訴される前にBinanceから同じような幹部の逃亡を見ました」と暗号資産愛好家のRho Riderは言う

さらに、OKXの前グローバル・コンプライアンス・チーフ、パトリック・ドネガンはわずか6ヶ月で退社した。彼の退社などは、内部対立や戦略的不一致の可能性を指摘している。このような不安定さは、OKXが市場での地位を維持しようと努力しながら、複雑な規制情勢をナビゲートする上で、特に問題となる。

OKXやBinanceのような取引所は、世界中で常に規制の監視下に置かれている。そのため、経営陣の安定は、運営の成功とコンプライアンスにとって極めて重要です。

関連記事:暗号資産取引の始め方 - 初心者向けガイド

注目度の高い辞任のパターンは、投資家やユーザーにとって赤信号となることが多く、プラットフォームの機能やユーザーの信頼に影響を与える可能性のある戦略の混乱や転換の可能性を示している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー