詳細を見る

OpenAI CTOツイッターがハッキング|暗号資産エアドロップ詐欺も

2 mins

AI言語モデルChatGPTを開発する米OpenAIのミラ・ムラティCTO(最高技術責任者)は2日朝、自身のツイッターを乗っ取られたもよう。悪意のあるハッカーにより乗っ取られたムラティ氏のアカウントは、暗号資産(仮想通貨)エアドロップを偽装し、フィッシングリンクを記載したツイートを投稿した。なお、記事執筆時点で該当ツイートは削除されている。

ミラ・ムラティCTOになりすましたスキャムツイート画像(VentureBeat

2日朝に投稿された同ツイートでは、OpenAIにちなんだ架空の暗号通貨「OPENAI」エアドロップ申請ページに見せかけた、フィッシングリンクと思われるものを記載。リンク先のウェブページは、実在するプロジェクトChainGPTのレイアウトとデザインをそのままコピーしており、暗号資産ウォレットの接続を促す調整が施されていた。ユーザーは、この偽リンク先でウォレット接続を行った場合、資産を抜き取られる。

同ツイートは約1時間公開され、閲覧7万9600回、リツイート83回を数えた後に削除された。ムラティ氏のツイッターのフォロワー数は12万6000人であることから、多くのユーザーが問題のツイートを目にした。同氏のツイッターアカウントは現在、正常な状態に戻ったとみられる。フィッシング詐欺の被害状況については現在不明。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー