詳細を見る

【速報】 Yuga Labsのメタバース「Otherside」、新2D体験を発表

2 mins

米Web3企業のYuga Labsが展開するメタバース・プロジェクト「Otherside」は日本時間28日朝、新2D体験となる「Legends of the Mara(LOTM)」を発表した

Yuga Labsは高級NFT「BAYC(Bored Ape Yacht Club)」などを運営するWeb3スタートアップとして有名。同社メタバースプロジェクト「Otherside」は27日、ラグジュアリーブランド「グッチ(GUCCI)」とのパートナーシップ提携を発表したばかり。

公式ページFAQによると、Othersideの仮想土地であるOtherdeedホルダー(別名:Voyager)は、ゲーム内NFT「Vessel」の無料請求(Claim)が可能。Vassel NFTは、Enchanter(魔法使い)、Farmer(農民)、Hunter(狩人)のうちいずれかの属性がランダムで付与され、さらにVassel NFTから別のゲームNFT「Mara」が誕生する。いずれのゲームNFTもERC-721規格。

Legends of the Maraに参加するには、Otherdeedの保有が条件となる。運営側は、BAYCの独自トークン「APE(ApeCoin)」を利用したスタンドアロン型のゲーム体験が可能と説明している。

Yuga LabsはOthersideプロジェクトにおける独自のメタバース開発を進めており、今回発表された「Legends of the Mara」は、その取り組みの一環となる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー