詳細を見る

ポルカドット、現物資産トークン化に大きく前進

8 mins

ヘッドライン

  • 専門家は、ポルカドットがユニークなブロックチェーン・ソリューションでRWAトークン化分野をリードすると考えている。
  • Energy WebやCentrifugeのようなプロジェクトは、様々な資産をトークン化するPolkadotの可能性を示している。
  • 業界のリーダーたちは、ブロックチェーンの大衆化を推進するためには、現実世界の資産のトークン化が不可欠だと考えている。
  • promo

レイヤー0ブロックチェーンの先駆者であるポルカドット(DOT)は、現物資産(RWA)のトークン化で大きく前進している。

RWAのトークン化をめぐる話題が高まる中、業界の専門家はポルカドットが市場をリードする可能性を秘めていると考えている。そのエコシステム内のいくつかのプロジェクトもこの見方を支持している。

現物資産トークン化におけるPolkadotの役割

相互運用性とスケーラビリティのために設計されたPolkadotのアーキテクチャは、不動産、商品、知的財産などの資産のトークン化に理想的と言える。JAMホワイトペーパー(Polkadot 2.0)は、RWAトークン化市場におけるPolkadotの地位をさらに強固なものにする可能性がある。このイニシアチブは、伝統的な金融と暗号資産を橋渡しし、資産トークン化のためのコンプライアンス、セキュア、スケーラブルなソリューションを提供する。

暗号資産アナリストのミハエル・ファン・デ・ポッペ氏は最近、Polkadotがこのセクターに与える影響について論じた。同氏は、ポルカドットのソフトウェア開発キット(SDK)が暗号資産エコシステムで非常に人気のあるツールであることを強調した。

関連記事:現物資産(RWA)トークン化とは?

SDKにより、開発者はブロックチェーン技術への投資を最小限に抑えながらプロジェクトを構築できる。その結果、この使いやすさは、SDKを使用して資産トークン化のための強力なフレームワークを確立し、RWAのPolkadotネットワークへの統合を容易にします。

ポッペ氏は、「その間、ポルカドットは、SDKがそれらのために使用されているように、いくつかの興味深いRWA統合を提供してきました」と指摘した。

ポルカドットのエコシステムには、RWAトークン化に焦点を当てた注目すべきプロジェクトがいくつかある。例えば、Energy Webはグリーンエネルギーと再生可能エネルギーの資産をトークン化する。このプロジェクトは、オープンソースのWeb3技術を導入し、分散型エネルギー資源をグリッドに統合することで、エネルギー転換を加速することを目指している。

ポルカドットのRWAエコシステムで際立ったプロジェクトの1つがXcavateで、不動産投資を民主化し、より多くの人々がアクセスできるようにする。XcavateはPolkadot SDKを使い、トークンの移転を自動化し、カウンターパーティーのリスクを軽減する。 さらにこのプロジェクトは、参入障壁の低いアーリーステージの不動産投資へのグローバルなアクセスを保証する。

もう一つの重要なプロジェクトは、レイヤー1(L1)アプリケーションチェーンのPhyken Networkである。ファイケンは、グリーン・エネルギーや再生可能エネルギー資産をオンチェーン化し、分数化し、数百万人の投資家がアクセスできるようにすることに注力している。このプロジェクトは、資産の真正性と所有権を保証するために、分散化されたIDと機関レベルの検証可能なクレデンシャルを使用した斬新なKYC(know-your-customer)メカニズムを採用している。

さらに、Polkadotエコシステム内で最も人気のあるRWAトークン化プロジェクトの1つであるCentrifugeは、類似プロジェクトの中で時価総額第7位にランクされています。Centrifugeは、中小企業(SME)に流動性を提供し、請求書のような実世界の資産をトークン化することで、融資の担保として利用できるようにしている。

業界の洞察と将来展望

実物資産のトークン化には、有形・無形の資産をブロックチェーン上で取引可能なデジタルトークンに変換することが含まれる。このプロセスにより、取引が簡素化され、従来流動性の低かった資産に流動性が加わり、透明性と安全性が確保される。そのため、業界の専門家は、ブロックチェーン技術の大量導入には現物資産をトークン化することが不可欠だと考えている。

ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、トークン化が金融商品に革命をもたらす可能性を強調している。同氏は、すべての株式や債券がブロックチェーン上で固有の識別子を持つ未来を描いている。これにより、カスタマイズされた投資戦略や即時決済が可能になる。

フランクリン・テンプルトンのジェニー・ジョンソンCEOも、現物資産をトークン化することによる変革の可能性を強調した。彼女は、リアーナのNFTロイヤリティやアスペンのセントレジスのロイヤリティプログラムなどの例を挙げた。

これらの例は、この技術がエントリーポイントや運用コストを引き下げる能力を持つことを示している。また、若い投資家にとっても、専門的な資産運用がより身近なものになる。

関連記事:不動産投資の注目株!セキュリティトークン(ST)とは

リアルワールド・アセット・トークナイゼーション市場予測。
現実世界の資産トークン化市場予測 出典:KPMG

KPMGの報告書によると、世界の非流動資産をトークン化する可能性は数兆ドル規模の機会である。市場は2030年までに大きく成長すると予想されており、2023年の基準から少なくとも28倍から80倍に増加すると予測されている。採用の拡大と前向きな規制の議論も、この成長をさらに後押しするだろう。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンは、デジタル・マーケティングと暗号通貨ジャーナリズムで8年以上の経験を持つベテラン・ジャーナリスト兼コンテンツ・クリエーター。SEO戦略、ブロックチェーン技術、Web3を専門分野とし、常にインパクトのあるコンテンツイニシアティブを提供し、オーディエンスを効果的に巻き込んできた。 2022年1月以来、リンはBeInCrypto...
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー