詳細を見る

テキサス新証券取引所、ブラックロックとシタデルの支援を受け25年開設へ

6 mins

ヘッドライン

  • ブラックロックやシタデルといったウォール街の大手企業は、1億2000万ドルの投資でTXSEを支援している。
  • 新取引所はNYSEやナスダックに対抗する計画で、2025年の運営開始を目指している。
  • TXSEは、テキサス州の成長を促進し、金融ビジネスのハブとしての地位を強化する可能性がある。
  • promo

ウォールストリート・ジャーナル紙(WSJ)は5日、ウォール街大手のブラックロックとシタデル証券が支援するグループが、テキサス州で新たな全国証券取引所を立ち上げると報じた。テキサス証券取引所(TXSE)は、ニューヨーク証券取引所(NYSE)やナスダックの規制環境に挑戦することを目的としている。

ナスダックやNYSEのコンプライアンス・コストに対する不満の高まりを利用し、よりCEOに優しい環境を提供しようという動きだ。

TXSEは2025年の発足に向けて金融大手から強い支持を得る

米国企業の株式上場ではNYSEとNasdaqが優勢だが、TXSEの後援者であるCitadel SecuritiesやBlackRockは大きな支援を行っている。これらの企業は以前にもメンバーズ取引所(MEMX)のような他の新興取引所を支援している。

シタデルの広報担当者は、同社がTXSEの投資家であることを認めた。さらに、TXSEの会長兼CEOであるジェームス・H・リー氏も自身のLinkedInの投稿で、両社がこのプロジェクトに関与していることを確認している。

続きを読む2024年に最も注目すべき7つのブロックチェーン銘柄

“ブラックロックやシタデル・セキュリティーズといった世界最大級の金融機関や流動性プロバイダー、また国内の著名なビジネスリーダーを含む20数社の投資家の皆様のご支援に感謝しております。約1億2000万ドルの資金調達により、TXSEは米国証券取引委員会に登録申請した取引所の中で、最も資本力のある取引所となる見込みです」とリー氏

TXSEは投資家から約1億2000万ドルを調達した。また、今年後半には米証券取引委員会(SEC)に登録書類を提出する予定だ。運営開始は2025年、最初の上場は2026年を予定している。

取引所は完全に電子化されるが、物理的にはダラスに存在する。また、取引所取引商品を含むプライマリー上場とデュアル上場を目指している。

テキサス州は金融ビジネスの誘致に積極的で、デラウェア州大法院(Court of Chancery)の代替制度としてテキサス・ビジネス・コート(Texas Business Courts)を設立したことは、同州の重要性の高まりを浮き彫りにしている。

例えば、テスラは物議を醸した判決を受け、法人設立をデラウェア州からテキサス州に移すことを検討している。この進展は、主要な金融センターとしてのテキサスの評判をさらに高める可能性がある。

「テキサス州の好景気と、米国南東部の各州の力強い経済成長・人口増加は、ビジネス、ひいてはTXSEに素晴らしい機会をもたらします」とリー氏は見解を述べた。

特に、ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、ビットコイン上場投資信託(ETF)とトークン化の可能性について楽観的な見方を示していた。1月のiシェアーズ・ビットコインETFのローンチ後、フィンク氏はETFがすべての金融商品に革命をもたらす可能性を強調した

同氏は、iシェアーズの理念と哲学を会社全体に統合する、ブラックロックの大規模なアーキテクチャ変更について述べた。これは、ETF革命はまだ半分しか完了していないという信念を反映している。

フィンクは、資産保管の技術としてETFとビットコインの類似性を示した。同氏は、すべての株式や債券が総勘定元帳に固有の識別子を持つことで、投資家個人の識別を可能にし、不正行為に関する問題を排除することを構想している。

関連記事:現物資産(RWA)トークン化とは?

「しかし最も重要なことは、トークン化によって戦略をカスタマイズできることです。つまり、一人一人の投資家であれば、瞬時に決済を行うことができるのです。債券や株式の決済にかかるすべてのコストを考えてみてください。しかし、トークン化すれば、すべてが即座に行えるのです。同氏は、「トークン化は金融資産の技術的変革だと考えています」と述べた。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー