詳細を見る

ポリゴン(MATIC)、弱気な拒絶反応に直面

6 mins

ヘッドライン

  • ポリゴン(MATIC)の価格は、0.616ドルを重要なサポートとして、弱気センチメントを示す一目均衡表の雲を拒否した。
  • 0.766ドルの100日EMAを上抜けすれば、強気トレンド反転の可能性が示唆される。
  • MATICの流入と流出の増加は市場のボラティリティを示し、流出は強い蓄積を示唆する。
  • promo

ポリゴン(MATIC)の価格は、弱気なセンチメントを示す一目均衡表の雲を拒否しており、0.616ドルが重要なサポートとして機能している。

この分析では、MATICの注文のための主要ゾーンと基本的な見通しについて解説する。

ポリゴン(MATIC)価格分析

ポリゴン(MATIC)の価格は、日足一目均衡表の雲を拒否し、弱気心理が継続していることを示している。0.616ドルの水準が重要なサポート価格として機能しているようだ。

MATICの価格分析。出典トレーディングビュー
MATIC価格分析 出典:トレーディングビュー

0.766ドルの100日EMA(青線)をブレイクし、終値で上回れば、強い強気シグナルとなり、トレンド反転の可能性を示唆する。

価格が0.682ドルの一目均衡表ベースライン(赤線)を上抜けるかどうかに注目しよう。この動きは、弱気圧力の緩和ポリゴン(MATIC)の上昇モメンタムの可能性を示すだろう。

取引所へのMATIC流入の分析

取引所への総流入量は、MATICの取引所への移動量を測定し、市場心理の重要な指標となる。流入量の増加は通常、潜在的な売り圧力を示唆する。

6月4日の取引所への総流入量は約396万MATICだった。6月12日には、この流入量は約1,398万MATICに急増し、1,000万MATICの大幅な増加を反映した。

関連記事:ポリゴンの買い方完全ガイド

MATICの取引所への資金流入。出典:TradingViewグラスノード
取引所へのMATIC流入:グラスノード

この大幅な上昇は、アクティビティが上昇し、売り圧力が高まっている可能性を示しています。この期間中、資金流入量は日ごとに大きく変動した。特に、6月6日には1,300万MATICの流入があった。

この期間の標準偏差は約694万MATICで、資金流入量のボラティリティの高さを浮き彫りにしている。

6月4日から6月12日までのポリゴン(MATIC)上の取引所への総流入量を分析すると、流入量の大幅な増加が顕著なボラティリティの高い期間であることがわかる。

MATIC流出量の急増は強い蓄積を示す

取引所からの流出量合計は、取引所から引き出されたMATICの量を測定します。流出量の増加は、投資家が資産を売却するのではなく、蓄積または保有していることを示唆することが多いため、この指標は市場のセンチメントを洞察する材料となる。

取引所からのMATIC流出。出所グラスノード
取引所からのMATIC流出量:グラスノード

6月4日の取引所からの流出量は約628万MATICだった。これが6月12日には1,859万MATICとなり、1,231万MATICの大幅増となった。

この間、流出量の日次変動は大きかった。たとえば6月6日には760万MATICと急増している。この期間の流出量の標準偏差は約962万MATICで、市場のボラティリティの高さを示している。

流出量と流入量の比率

流出量対流入量の比率は、取引所から移動したMATICの量(流出量)と取引所に移動した量(流入量)を比較する重要な指標です。この比率は市場のセンチメントと投資家の行動を洞察し、市場における潜在的な買い圧力や売り圧力を理解するのに役立つ。

6月11日、流出量と流入量の比率は1を下回り、流入量が流出量を上回った。これは、より多くのMATICが取引所に移され、おそらく売却されたため、売り圧力がかかった可能性を示唆している。

しかし6月12日、比率は再び1を上回り、約1.33に達した。この変化は、資金流出が再び資金流入を上回ったことを示し、投資家が蓄積または保有行動に戻る可能性を示唆している。この比率の変化は、潜在的な売り圧力から潜在的な買い圧力への市場心理の変化を反映しており、重要である。

続きを読む:ポリゴン(MATIC)価格予測 2024/2025/2030

資金流入が多いと、取引所におけるMATICの供給が増加するため、需要が供給に見合わなければ価格が下落する可能性がある。逆に、資金流出が多いと取引所におけるMATICの供給が減少するため、需要が一定または増加した場合には価格が上昇する可能性がある。

ポリゴン(MATIC)の価格分析セクションで強調したように、MATICは現在下降トレンドにあり、この価格調整中に投資機会を提供している。投資家は、テクニカルチャート上の主要なサポートとレジスタンスレベルを監視し、リスクを軽減するためにストップロスを使用する必要があります。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

bein-adam.png
Adam Mourad
23歳のアダムは、Web3の分野でフルタイムのオンチェーン・アナリストであり、パートタイムのトレーダーである。同氏はオンチェーンデータレポートサービスである0nchainedの創設者兼CEOである。アダムはCryptoQuantでキャリアをスタートさせ、同氏は現在もアナリストとして働いている。過去1年間で、同氏は30以上の指標を開発し、120以上の分析を執筆した。彼の情熱は、データと分析、暗号通貨、スーパーカー、特に赤いフェラーリと黄色のポルシェGT3である。 彼の専門的な業績は、Grayscaleをはじめとする有名クライアントのレポートで紹介されている。アダムは、急速に進化するこの分野の最新動向を常に把握していることを誇りとしている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー