詳細を見る

ポリゴン(MATIC)は調整局面にあるが、強気ラリーが近いか

4 mins

ヘッドライン

  • ポリゴン(MATIC)の価格は現在、0.746ドルの抵抗レベルに向かって、統合で立ち往生している。
  • MATICホルダーは潜在的な蓄積の兆候を示しており、これは歴史的に上昇をもたらした。
  • ポリゴン(MATIC)ネイティブ・トークンの供給量のうち、利益が出ているのはわずか33%で、かなりの利益を得ることができる。
  • promo

ポリゴン(MATIC)価格は4日、現在立ち往生している局面から押し上げる可能性のある強気の合図を待っている状態だ。

同アルトコインが最も低い利益を生む資産の1つであることを考えると、投資家は利益を計上するために価格上昇を推し進める可能性が高い。

ポリゴン(MATIC)投資家は蓄積を示唆

MATIC価格は、投資家さえそれに従って行動すれば、0.74ドルの壁を突破する可能性がある。これらのMATICホルダーが売りを控える限り、統合が続き、累積によって上昇に転じる可能性がある。

これは、買い圧力が急上昇しているMATICの価格にとって可能性の高い結果である。取引所で保有されている供給は、過去3日間で2,000万MATIC減少した。アルトコインの他の価値や時価総額と比較すると、この供給量は多くはないが、投資家のセンチメントを物語っている。

過去には、このような買いの事例が短期的な価格急騰に続いている。今回、MATIC価格が同じ結果を目撃すれば、統合が無効になる可能性がある。

MATIC取引所供給。
MATICの取引所供給量|出典:サンティメント

MATICの流通供給全体の34%未満が利益となっており、これは比較的珍しいことである。最近の修正にもかかわらず、ほとんどの暗号通貨供給の少なくとも50%が利益になっている。

これは、ポリゴン(MATIC)の投資家が利益を求めている可能性が高いことを示唆している。MATICにはかなりの成長余地があるため、長期的な強気を目の当たりにする可能性もある。

関連記事:ポリゴン価格予測2024/2025/2030

利益のMATIC供給。
利益のMATIC供給|出典:サンティメント

MATIC価格予測:0.80ドルを取り戻す

MATIC価格は$ 0.74と$ 0.64の間で統合されている。このレンジは過去3週間、両端とも破られていない。4月中旬以降、ポリゴン(MATIC)ネイティブトークンは何度も上限突破を試み、レジスタンスとして機能してきた。

現在、アルトコインは今回も同じことをしようとしている。ポリゴン(MATIC)の投資家の蓄積による後押しがあれば、MATICは0.74ドルを突破し、0.80ドルに向けて押し上げられる可能性がある。0.81ドルの抵抗をうまく反転させれば、回復ラリーが始まるだろう。

関連記事:ポリゴンの買い方完全ガイド

MATIC価格分析。
MATIC価格分析|出典:トレーディングビュー

一方、ブリーチに失敗した場合、MATICの価格はレンジ相場が続き、0.64ドルまで下落する可能性がある。このサポートを失うと、アルトコインは0.60ドル以下になり、強気の見通しが無効になる可能性がある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2t314.png
Aaryamann Shrivastava
Aaryamann ShrivastavaはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、Telegram Apps、リキッドステーキング、レイヤー1、ミームコイン、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネット(IoT)、イーサリアムエコシステム、ビットコインなど、多様な分野の暗号通貨に関するマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はFXStreetとAMBCryptoで様々なアルトコインの市場分析とテクニカル評価を行い、分散型金融(DeFi)、非化石トークン(NFT)、GameFiなど暗号業界のあらゆる側面をカバーした。同氏はピライ芸術大学でジャーナリズムの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー