詳細を見る

ポリゴン、イーサリアムのNFTエコシステムが市場シェアを失う一方、ユーザー獲得に汲々とする

6 mins

ヘッドライン

  • 2023年、PolygonはイーサリアムのNFTエコシステムと対照的な力強いユーザー数の伸びを示し、ブロックチェーン利用の転換を示唆した。
  • DeFiは、2024年の暗号資産の強気な動きをリードし、ユーザー活動と市場への影響においてNFTを追い抜くと予測されている。
  • 来年は、暗号資産分野の進化する需要に対応する、新しい専門的なブロックチェーン・ネットワークの出現が予想される。
  • promo

2023年、ブロックチェーン・ユーザーの嗜好と採用パターンが大きく変化した。ブロックチェーン界の新星であるポリゴンは、ユーザー獲得で目覚ましい成長を見せた。

これは、特にNFTエコシステムにおけるイーサリアムの冴えないパフォーマンスとは対照的である。

増加するPolygonの「獲得ユーザー数

Polygonのユーザー急増は、その強固なテクノロジーと戦略的ポジショニングの証である。同プラットフォームは市場の注目を集め、かつてないスピードでユーザーを獲得している。

同レポートは、「獲得ユーザー」に焦点を当てている。これは、特定のチェーン上で少なくとも2回の取引を行ったユーザーのことである。イーサリアムはこの指標を用いると、2023年にポリゴンにわずかに迫っただけである。イーサリアムの獲得ユーザー数は1,540万人で、Polygonは1,524万人だった。

2023 acquired users by blockchain—polygon vs. ethereum vs. bitcoin. Source: Flipside
2023年ブロックチェーン別獲得ユーザー数-ポリゴン対イーサリアム対ビットコイン|出典:フリップサイド

この傾向は、暗号資産コミュニティにおけるより広範なムーブメントを示しており、ユーザーはイーサリアムのような既存のプレーヤーよりもユニークな利点を提供する代替ブロックチェーンをますます探求し、受け入れている。

この変化の大きな要因は、ブロックチェーン技術の多様な応用である。イーサリアムがNFT分野のトップランナーである一方、ポリゴンはNFTにとどまらない多様なアプリケーションを提供し、独自のニッチを切り開いてきた。この多用途性は、ブロックチェーン愛好家の新しい波を惹きつける重要な原動力となっている。

関連記事:ポリゴン(MATIC)を購入できる国内取引所と購入方法

興味深いことに、イーサリアムはNFTエコシステムにおいて遅れをとっているものの、ブロックチェーンの世界では依然として強豪です。イーサリアムは業界における先駆的な役割と継続的な開発努力により、重要なプレーヤーであり続けています。イーサリアムは好調なスタートを切ったが、上半期末には市場シェアを落とし始めた。

Market share of top NFT chains Jan - June 2023. Source: CoinGecko
2023年1月~6月の上位NFTチェーンの市場シェア|出典:コインゲッコー

しかし、Polygonのようなプラットフォームの台頭は、より競争的でダイナミックな市場になることを示唆している。

2024年の展望

2024年を展望すると、ブロックチェーン分野はさらなる進化を遂げようとしている。DeFi(Decentralized Finance)への関心の高まりは、暗号資産市場の次の強気に拍車をかけると予想される。金融取引とサービスに革命をもたらすDeFiの可能性は、新規ユーザーとベテランユーザーの双方を惹きつけており、市場の焦点がNFTからより金融志向のアプリケーションにシフトすることを示している。

こうした中、効率的で低コスト、かつユーザーフレンドリーなDeFiソリューションを提供するプラットフォームは、大きな支持を得る可能性が高い。今後は、ユーザー・エクスペリエンスの向上とコスト削減が重視され、これが導入と成長を促進する重要な要因となるだろう。

来年はまた、それぞれが特定のユーザーニーズやアプリケーションに対応する新しいブロックチェーンネットワークの出現を目撃することになりそうだ。このような専門化の傾向は、技術が成熟し多様化するブロックチェーン空間における自然な流れである。

全体として、ブロックチェーン分野は極めて重要な岐路に立たされている。Polygonのようなプラットフォームがユーザー獲得でリードし、市場がDeFi主導の強気な展開に向けて準備を進めていることから、2024年はブロックチェーン分野で大きな成長とイノベーションが起こる年になることが約束されている。既存のチェーン間の競争と新たなプレーヤーの登場は、間違いなく業界を再構築し、ユーザーに多くの選択肢を提供し、イーサリアムのような現在の市場リーダーの優位性を変える可能性がある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

kyle-baird.png
Kyle Baird
カイルは2010年にペンシルベニア州のイースト・ストラウドバーグ大学を理学士号で卒業後、アメリカ東海岸から東南アジアに移住した。祖父の跡を継いだカイルは、10代で株と貴金属の購入を始めた。これが暗号通貨について学び、執筆することに興味を持つきっかけとなった。同氏は2016年にBitcoinistのコピーライターとしてスタートし、2018年の初めにBeInCryptoの編集者の役割を担うようになった。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー