詳細を見る

リップル社がDeFiに参入、XRP貸出プロトコルを発表

5 mins

ヘッドライン

  • リップル社の開発者は、XRP Ledger上でのネイティブな貸し出しプロトコルの提案を紹介した。
  • 提案されているプロトコルは、XRP内に検閲に強いDeFiエコシステムを確立しようとしている。
  • この取り組みが実施されれば、金融の包括性と透明性を大幅に高めることができる。
  • promo

リップル社は現在、XRP Ledger(XRPL)の分散型金融(DeFi)機能をオンチェーンレンディングプロトコルで強化するイニシアチブを主導している。

0066 XLS-66dと名付けられたこの提案は、ネットワーク内で検閲に強いDeFiエコシステムを確立することを目的としている。この提案は現在GitHubで公開されている。

XRP Ledger上の新しいレンディングプロトコル

リップル社は XRPL 上でのネイティブな貸出プロトコルの提案を発表しました。このプロトコルはXRPLとDeFiエコシステムとの相互作用を強化するもので、金融の包括性と透明性の向上に向けた重要な一歩となります。

提案されたプロトコルは、柔軟性と再利用性を優先する直接的な貸し借りの仕組みを導入します。特筆すべきは、参加者がXRP、wBTC、wETHのような腐りやすいトークンを貸し出しプールに拠出し、利子を得ることを可能にするプロトコルだ。

このプラットフォームでは、融資条件をオフチェーンで交渉し、オンチェーンで安全に記録することもできる。この合理化されたプロセスにより、ユーザーのエンゲージメントが促進され、透明性と安全性が確保される。

「レンディング・プロトコルは、あらかじめ設定された利息が発生する期間限定のローンを可能にする。オフチェーンでの引き受け、リスク管理、債務不履行の場合の第一ロス資本保護スキームを使用することで、担保の必要性を回避します」とRippleXは付け加えた

関連記事:暗号資産(仮想通貨)レンディングサービスとステーキングの仕組み

注目すべきは、ブロックチェーン開発者がこの提案から大きな利益を得る立場にあることです。”そのモジュール設計と拡張性により、XRPL上で融資分散型アプリケーションを構築し統合することが容易になります。”このイノベーションは多様な実用的アプリケーションを約束し、XRPLエコシステムをさらに豊かにします。

この提案は検討と改良が必要だが、XRPへの潜在的な影響については楽観的な見方もある。Ripple CTOのDavid Schwartz氏は、伝統的な金融機関の利用を抑止することなく、新たなユーティリティ・レイヤーを導入することができると語った。

「もし可決されれば、これはXRPLに新たなユーティリティをもたらす可能性があります。ネイティブDEXとともに、この貸出プロトコルは、よりアクセスしやすく、効率的で透明性の高い金融サービスを実現する上で重要な柱となります」とシュワルツ氏は述べた

しかし、シュワルツ氏は、この機能の利用に消極的な企業があることも認めた。同氏によれば、こうした企業は規制されていない融資商品に参加することに懸念を抱くだろうとのことだ。

関連記事:仮想通貨レンディングの仕組みや国内サービスについて

この開発は、リップル社のエコシステムにおける一連の進歩に続くものだ。先月、ネットワークは、立ち上げの課題に直面しているものの、自動マーケットメーカー(AMM)プールを導入 した。さらにリップル社は、米ドル預金やその他の現金同等物に完全に裏打ちされたステーブルコインをローンチする計画を明らかにした。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー