詳細を見る

RobinhoodはSECとの法廷闘争で勝利する可能性が高い=KBWレポート

4 mins

ヘッドライン

  • KBWはRobinhoodがSECに勝つと予測している。
  • Robinhoodの慎重な暗号資産戦略が優位と見られる。
  • 今後数カ月以内にSEC訴訟の可能性がある。
  • promo

Keefe, Bruyette & Woods(KBW)は7日、米フィンテック大手ロビンフッドが、米国証券取引委員会(SEC)との潜在的な法廷闘争で勝訴する可能性が高いと指摘した。

暗号資産取引所はSECからウェルズ通告を受けたが、デジタル資産上場における同社の保守的な戦略を考えると、これは予想外のことだった。

KBW、SEC訴訟でRobinhoodの勝利を予測

KBWは、Robinhoodが米国で15の暗号資産しかサポートしていないことを強調した。競合他社が200以上の暗号を提供しているのとは対照的だ。

カイル・ヴォイトを含むKBWのアナリストによると、Robinhoodの運営にすぐに変化が起こるとは予想されていない。彼らは、RobinhoodはSECの主張に対して法廷で争う可能性が高いと見ている。同社の厳格な上場基準は、法的紛争において同業他社よりも優位に立つ可能性がある。

Voigt氏は、「HOODの現在の米国での暗号資産運用や資産上場には何の変化もなく、今後数ヶ月以内にSECが訴訟を起こすと予想している」と書いている。

財務分析ではさらに、暗号通貨取引がRobinhoodの総収入の12%を占めていることにも触れている。SECはRobinhoodのプラットフォームで利用可能な暗号資産の特定のサブセットを標的にするかもしれないと推測している。

収益の観点から、最悪のシナリオはSECがイーサリアムを有価証券に分類することだろう。この資産はRobinhoodの暗号通貨取引の約25%を占めている。

関連記事:ロビンフッド、米国暗号資産事業でSECの精査に直面

この問題の不確実性にもかかわらず、Robinhoodの株価は18ドル前後までわずかに上昇した。KBWは、取引プラットフォームが約3年ぶりの四半期最高益を発表すると予想されることから、Robinhoodの「マーケットパフォーム」レーティングを維持し、目標株価は20ドルとしている。株式市場と暗号通貨取引の回復がこのような業績を後押しした。

年明け早々、世界的な金利引き下げ期待が米国株とビットコインを高値に押し上げた。その結果、市場に多くのトレーダーが集まり、証券会社の取引ベースの収入が増加した。

J.P.モルガンのアナリストは、「本業では、今四半期、株式、オプション、暗号資産の取引高が大幅に回復し、2月までの第1四半期の総取引高は20%近く増加した」と述べた

さらにKBWは、SECによるRobinhoodに対する法的手続きの結果が明らかになるのは2025年後半になる可能性が高く、Coinbaseのような他の企業が直面している継続的な規制上の課題と類似していると結論づけた。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-1934.png
Bary Rahma
バリー・ラーマはニューヨーク大学でジャーナリズムの学位を取得した有能なジャーナリストである。 幅広いキャリアの中で、CNNなどの有名メディアで働き、調査能力とストーリーテリング能力を発揮してきた。現在はBeInCryptoで、ダイナミックな暗号資産に関する洞察に満ちた記事を執筆している。BeInCryptoでの仕事に加え、Binanceのコンテンツライターとして、暗号通貨のトレンド、市場分析、アルトコイン、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、ICO、トークノミクスに関する有益なコンテンツを作成し、専門知識を提供している。ジャーナリズムと暗号資産に関する知識をユニークに融合させた彼女は、この業界で多才かつ高い評価を得ている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー