詳細を見る

SECの元弁護士、暗号資産を滅ぼす計画はないことを主張

4 mins

ヘッドライン

  • 元SEC弁護士スチュワート氏、反暗号資産陰謀を否定。
  • スチュワートは暗号資産における投資家保護を強調している。
  • 暗号資産規制の対話改善の必要性を指摘。
  • promo

米国証券取引委員会(SEC)の元弁護士で重要人物と見られているラダン・スチュワートは、暗号資産に対する政府の意図を示唆する主張に公に反論した。

彼女は、規制機関の行動は決して新興産業のイノベーションを阻害することを目的としたものではないと強調している。

暗号資産が米国で排除されることはない

現在、White & Case LLPのパートナーであるスチュワート氏は、SECに在職中、リップル社コインベース社に対する訴訟など、注目を集める訴訟を主に担当していたと説明した。彼女は、SECのアプローチは常に技術的に中立であると指摘した。

そのため彼女は、SECが暗号資産ビジネスに対して意図的な取り締まりを行っているとの憶測が広がっていることを明らかにした。

「SECは暗号資産を潰そうとしているわけではありません。私たちの主な関心事は、常に投資家保護と業界内のコンプライアンスの確保です」とスチュワートは述べた。

スチュワート氏のコメントは、業界のリーダーたちが、厳しい暗号資産規制措置によってイノベーションが米国から追い出される可能性について懸念を表明していた時期に発表された。

スチュワート氏によると、投資家保護を目的とした規制を業界が遵守することは非常に重要だという。SECの努力により、投資家は常に詳細な情報を得ることができます。SECは今後もコンプライアンスを徹底していくが、暗号資産を解体しようという陰謀はない。

むしろ、投資家にとって安全でコンプライアンスに準拠した環境を育成することに重点を置いている。それがひいては、この分野の健全な成長を支えることになる。

関連記事:暗号資産規制のメリットとデメリット

世界の暗号資産規制
世界の暗号資産規制出典Statista

スチュワート氏の見解によれば、現在進行中の緊張関係を解決するためには、規制当局と暗号資産コミュニティとのオープンな対話と協力が不可欠である。スチュワートの洞察は、規制よりも教育とコンプライアンスに重点を置いた規制戦略の大きな転換を強調している。

政府の役割から民間の法律事務所に移ったスチュワートは、暗号資産業界と規制の枠組みとのギャップを埋めることを目指している。スチュワートの新たな役割は、複雑な米国規制の中で暗号資産ビジネスを指導し、イノベーションと法令遵守のバランスを保つことにある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー