詳細を見る

イーサリアムETFの2つの主要銘柄がSECの意見聴取のため凍結に

5 mins

ヘッドライン

  • SECはブラックロックとフィデリティのイーサリアムETFを延期し、一般からの意見を求める
  • イーサリアムのプルーフ・オブ・ステーク・モデルは、資産の法的地位について懸念を抱かせる
  • 5月23日がヴァンエック・イーサリアムETF承認の最終決定期限となる
  • promo

米証券取引委員会(SEC)は5日、金融大手ブラックロックとフィデリティのイーサリアム上場投資信託(ETF)の承認を再び延期した。

SECは4日、この延期は、急速に発展する暗号通貨セクターに対する規制機関の慎重な姿勢を示すものであると発表した。

イーサリアムETFの最終決定期限

最近承認されたビットコインETFに対する興奮にもかかわらず、イーサリアムETFに対するSECの慎重なアプローチは、複雑な規制環境に光を当てている。さらに、SECはイーサリアムのプルーフ・オブ・ステーク・メカニズムに関する懸念を表明している。その結果、このモデルがイーサリアム市場における詐欺や不正操作のリスクを高めるかどうかを測るために、一般からのフィードバックを求めています。

SECが決定を先送りしたのは今回が初めてではない。同様の延期は1月にもあり、その時は一連のビットコインETFにゴーサインが出された直後だった。規制機関は、提供物を分析し、フィードバックを収集する間、最大3回の遅延が許可されている。

Ethereum ETF deadlines. Source: SEC / Bloomberg
イーサリアムETFの期限|出典:SEC / ブルームバーグ

専門家や市場アナリストは、SECの慎重なアプローチを予測し、5月23日までに決定的な決定が出る可能性を示唆していた。これは、VanEckのイーサリアムETFに対する評決の最終期限である。

規制の不確実性にもかかわらず、イーサリアムの市場価値は回復力を示しており、過去24時間で7%の上昇を示している。

続きを読むイーサリアム(ETH)価格予測 2024/2025/2030

Ethereum Price Performance
イーサリアム価格のパフォーマンス|BeInCrypto

イーサリアムETFの承認を躊躇する核心は、イーサの法的分類にある。ビットコインETFの承認は、ビットコインをコモディティとして分類することを前提としていた。イーサリアムも同様に扱われるという前提は、現在厳しい審査を受けている。

イーサリアムがコモディティかセキュリティーかに関するSECの最終決定は、ETFの申請や、潜在的にはより広範な暗号通貨エコシステムの運命に重大な影響を与えるだろう。さらに、市場操作やイーサリアムのスポット市場と先物市場の相関性に関する懸念は、市場の整合性を維持するための厳格なセーフガードの必要性を強調している。

関連記事:イーサリアム(ETH)の購入方法と知っておくべきことすべて

暗号資産マネージャーのビットワイズなどに代表される業界は、思慮深いアプローチを提唱しています。彼らは、規制基準を満たし、SECの懸念に直接対処することの重要性を強調している。

「最終的に受け入れられる製品を申請したい。SECが懸念していることを考慮するために、オープンな対話をしたいのです」と、ビットワイズの法律顧問であるキャサリン・ダウリング氏は語った

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー