詳細を見る

米SEC、ジャスティン・サン氏に対し召喚状を送付

3 mins

米国ニューヨーク南部地区連邦裁判所は12日、暗号通貨(仮想通貨)起業家ジャスティン・サン氏のシンガポールの2つの住所に召喚状を送付したなお、本件は米国証券取引委員会(SEC)が以前に提起した告訴に関するもの。

召喚状とは、期日に裁判所への出頭を命じる令状、および文書提出を命じる令状。

提出された文書によると、サン氏は召喚状を受け取ってから21日以内にSECの弁護士アダム・ゴットリーブ氏へ回答する必要がある。サン氏が回答しない場合は、欠席裁判となる。さらに同委員会はコルテス・ウェイ(ソウルジャ・ボーイ)氏とマホーン氏に対しても召喚状を発行している。

同委員会は3月22日、暗号通貨トロン(TRX)とビットトレント(BTT)を無登録で販売し、市場を不正に操作したとして、詐欺及び証券法違反でサン氏および、3社を告発。さらに、未登録のTRXとBTTを購入するよう誘導したとされる8人の著名人も同委員会により告訴していた。告訴後ソウルジャ・ボーイ氏とマホーン氏を除き、同委員会の調査結果を認めることも否定することもなく、合計40万ドル以上の罰金を支払って和解することに同意している。

サン氏は本件に関し、裁判所に回答していない。先月、同氏はツイッターでSECの告発について「我々は訴状に根拠がないと考えており、その間最も分散化された金融システムを構築し続ける」と述べている。さらに本件を受け、暗号資産(仮想通貨)取引所Binance.USは12日にTRONの取り扱い停止を発表している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー