詳細を見る

SEC対ユニスワップがDeFiの未来を決める

4 mins

ヘッドライン

  • 著名なDeFiプラットフォームであるユニスワップは、SECからの規制当局の監視に直面している。
  • この訴訟は、SECが主要なDeFi企業に対して初めて行った重要な動きであり、Uniswapのネイティブ・トークンに影響を与える可能性があると見られている。
  • SEC対ユニスワップの結果は極めて重要で、米国におけるDeFiプラットフォームの規制と分類の先例を作ることになる。
  • promo

分散型金融プラットフォーム大手ユニスワップが12日、米証券取引委員会(SEC)の監視に直面し、DeFiエコシステムは崖っぷちに立たされている。

ユニスワップのCEO、ヘイデン・アダムズ氏に対するウェルズ通知の発行は、DeFi市場セクターに規制に一石を投じる可能性を示唆している。

DeFiの運命を左右しかねない戦い

ストーム・パートナーズのリーガル・パートナー、ニコラ・マッセラ氏によると、この新たな訴訟はDeFiセクターに波紋を広げ、事態の深刻さを際立たせているという。ユニスワップが無登録の証券ブローカーおよび取引所として運営されていたというSECの申し立ては、懸念を抱かせるものだった。

「Uniswapに対する今回の措置は、SECがDeFiセクターの有力企業に対して初めて積極的に動いたことを意味する」とマセラ氏はBeInCryptoに語った。

さらに、Uniswapのネイティブ・トークンであるUNIが潜在的なセキュリティであることが、さらに複雑さを増している。Kaikoのアナリストは、発表後にUNIの価格が15%下落し、取引量が急増したと指摘した。一方、サンティメントは、Uniswapを取り巻くトレーダーからの「かなりの量のFUD」を報告した。

ユニスワップ(UNI)の価格パフォーマンス
ユニスワップ(UNI)の価格パフォーマンス|出典:Kaiko

この係争の重要性を考えると、マセラ氏は、米国におけるDeFi事業の法的境界がさらに明確になると予想している。実際、この法的紛争の核心は、DeFiプラットフォームの分類にある。

運営者は、自分たちはテクノロジー・サービス・プロバイダーであり、コントロールすることなく独立した暗号資産取引を促進していると主張している。このモデルは従来の取引所とは根本的に異なるため、既存の金融規制は適用できないと主張している。

逆に、SECはDeFiプラットフォームに対し、証券ブローカーやその他の金融機関を管理するのと同じ規制の枠組みを遵守するよう主張すると予想される。

SEC v. Uniswapの決着は、米国のDeFiセクターにとって画期的な出来事となるだろう。DeFiプラットフォームの法的地位が明確になり、同セクター内のイノベーションと成長を促進するか、消費者保護と市場の整合性を口実に重大な制限を課すか、いずれかの前例ができるだろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー