詳細を見る

そごう・西武がNFTマーケットプレイスを開設へ=百貨店初

4 mins

ヘッドライン

  • 百貨店大手のそごう・西武が、百貨店業界では初のNFTマーケットプレイスを開設予定
  • NFT商品の第1弾は、水中写真家の鍵井靖章氏のNFTアートや人気NFTコレクション「MetaKozo(メタコゾー)」のNFTアートなどを販売
  • 百貨店という特性を活かし、店舗では作品のプロモーションなどを行っていく
  • promo

百貨店大手のそごう・西武は10日より、百貨店では初となるNFTマーケットプレイス「NFT PRODUCED by SEIBU SOGO」の実証実験を10日より開始する。ブロックチェーンは、他社のNFTマーケットプレイスでも流通が可能なパブリックチェーンである「Ethereum」「Polygon」を採用。NFTマーケットプレイス内だけのクローズドな環境ではなく、多種多様なNFTアートの流通を目指す。

従来、デジタルアートは複製が容易という問題点があったが、NFTの登場により、複製が困難というNFTの特徴を応用した「NFTアート」が注目を集めてきた。一方で、NFTアートに対する参加のハードルは依然として高く、一般的な普及には至っていない

そごう・西武では、「NFTを媒体としたソーシャルネットワーキングの場」をコンセプトに、一般顧客とアーティスト双方のデジタル交流の場として、自社運営のNFTマーケットプレイスを開設するに至った。顧客接点の多い百貨店という特性を活かしてNFTアートを普及させることが目的。

そごう・西武のNFT商品の第1弾は、水中写真家の鍵井靖章氏のNFTアートや人気NFTコレクション「MetaKozo(メタコゾー)」のNFTアートなどを販売する。

4月に西武渋谷店で実施した事前告知イベント

関連記事:NFTのビジネス活用事例を紹介

百貨店の特性を活かした「リアル×NFT」

百貨店という特性を活かし、店舗では作品のプロモーションなどを行っていくという。リアルの場で行うことにより、より多くの人にNFTアートが認知されることを目指している。4月には、西武渋谷店にて人気NFTコレクション「MetaKozo(メタコゾー)」の事前告知POPUPイベントを開催した実績もある。

店舗内に美術やアートの売場を持ち、定期的に美術関連の催事を行っているのも同社の優位点だ。

22年に西武渋谷店で実施した古賀勇人氏の個展

これまでに行ってきた催事でつながる多くのアーティストたちとのネットワークもある。それを活用してNFTに参入していない独自のアーティスト紹介も行っていくという。今回出品するアーティストである古賀勇人氏は22年3月、西武渋谷店での個展の経験を、水中写真家の鍵井靖章氏は22年9月に西武池袋本店のアートカプセルで作品出店の経験がある。鍵井氏のNFTアートでの作品出品は今回当社のNFTマーケットプレイスが初出品となる。

関連記事:国内・海外のNFTユースケース10選

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー