詳細を見る

ソラナ、2024年に最も関心と集めるエコシステムに

4 mins

2024年最も人気のあるエコシステムは、グローバルな暗号資産投資家の関心の49.3%を占めるソラナSOLである。暗号資産トラッキングサイトコインゲッコーが20日、調査で明らかにした。人気は、2021年の高値への回復や、Pythやdogwifhatのような主要なエコシステムプロジェクトトークンの強いパフォーマンスによって支えられている。

コインベースの22日のレポートによると、18日の24時間でソラナブロックチェーン上で約110億ドルの取引が行われた。同社によればこの活動は、特にミームコインを含む小規模トークンによって推進された。ソラナで支払われる日々の取引手数料は3月初旬から急騰している。月曜日には、Solanaで支払われた取引手数料の合計額が史上最高の508万ドルに達した。

イーサリアムへの関心とレイヤー2の関心は同等レベルに

イーサリアムエコシステムは12.7%の関心を集め、第2位にランクインしている。コインゲッコーはイーサリアム既に確立されたエコシステムであり、投資家にとって新しいトレンドとは見なされなくなっていると指摘。イーサリアムエコシステムへの注目は、その上に構築されるレイヤー2エコシステムへと分散されつつあると評した。イーサリアムのレイヤー2エコシステムでは、アービトラムとBaseが最も人気で、全レイヤー2の関心はイーサリアム自体とほぼ同等の11.9%を占めている。

一方BNBチェーン、コスモス、アバランチはそれぞれ5.4%、4.5%、3.9%の関心を集めており、特にコスモスではセレスティアやDymensionのエアドロップが、アバランチではCoq InuのようなミームコインやWeb3ゲーミングの進展が契機となり注目を集めているとした。

Moveプログラミング言語を使用するブロックチェーンの中では、スイエコシステムが2.1%の投資家関心を集め、アプトスエコシステムの0.5%の4倍である。TONエコシステムは1.9%の関心を集め、メッセージングアプリテレグラムとの提携による利益を得ている。他に人気のあるレイヤー1エコシステムには、カルダノ(1.3%)とポルカドット(1.1%)、ファントム、PulseChain、ヘデラがあり、これらは関心が約0.5%で同じである。

SOL価格短観

SOL/USDT 1日チャート|出典:トレーディングビュー

SOL価格はすでに168ドルレベルをサポートとしてテストしており、この水準を下回っていない。同レベルは50日指数移動平均(EMA)の合流点でもあり、重要なサポートフロアとなっている。強気が続けば、SOLは再び183ドルのサポートまで上昇する可能性があり、過去48時間に記録された調整の半分近くを回復することになる。同サポートラインが破られると、価格は150ドルへと落ち込む恐れがあり、その場合、強気の見通しは否定される。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー