詳細を見る

ソラナの新機能、ウェブ上でオンチェーン取引が可能に

4 mins

ヘッドライン

  • Solanaは、ウェブサイト、ソーシャルメディア、QRコード経由のオンチェーン取引用にSolana Actionsを導入。
  • Solana Blinksは共有可能なリンクを作成し、URL対応プラットフォームで簡単に取引できます。
  • 信頼できるドメインは、Phantom Walletや他のアプリが推奨する機能により、安全な取引を保証します。
  • promo

ソラナ財団は25日、アクションとブリンクスを導入した。

これらの新機能は、インターネットユーザーにとってオンチェーン取引をよりアクセスしやすく、わかりやすくするためのものである。

Solanaの新機能:アクションとブリンクス

SolanaActionsにより、ユーザーはウェブサイト、ソーシャルメディア、物理的なQRコードなど、さまざまなプラットフォームからオンチェーン取引を直接実行できる。この統合は、開発者が自社のアプリケーションにSolanaのブロックチェーン機能をシームレスに組み込むことができることを意味する。

この機能を補完するのが、あらゆるアクションを共有可能なリンクに変換するSolana Blinksだ。これにより、URLを表示できるウェブサイトであれば、Solanaの取引を促進することができる。最終的には、普通のウェブサイトやソーシャルメディア・プラットフォームを、オンチェーンでのやりとりのためのアクセス可能なポイントに変えます。

「アクションとブリンクは、インターネット本来の約束のひとつを実現します。あなたのXフィードから、NFTを購入したり、クリエイターにチップを渡したり、お金を受け取ったり、投票したり、出資したり、スワップしたり、その他いろいろできます」とDialectの創設者クリス・オズボーンは説明する。

一方、Phantom Walletは他のアプリケーションとともにXに登場し、ユーザーがプラットフォーム上で直接取引を行うことができる新機能を熱心に紹介している。

Solanaは、Jupiter、Helium、Truffle、Phantom、Backpackといったパートナーからの信頼できるドメインのリストを実装し、安全な取引を保証している。ユーザーが初めて見知らぬAPIとやりとりする際には、標準的な「サイトへの接続」プロンプトが表示され、やりとりの安全性と確認が保証される。

Solanaの人気が高まり、主流に採用されるビジョンがあることから、ソラナの上場投資信託(ETF)の可能性について憶測が広がっている。Solana ActionsやBlinksのような新機能の導入は、ネットワークの認知度をさらに高め、より多くの投資家の関心を集める可能性がある。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

keisha.png
Keisha Oleaga
Keisha OleagaはBeInCryptoのジャーナリストで、分散型金融(DeFi)、人工知能(AI)、レイヤー2ソリューション、ステーキング、リキッドステーキング、リステーキング、暗号ETF、ソラナ、ステーブルコインなど、多様なテーマを探求している。BeInCrypto入社以前は、Hypebeastの編集長を務め、新興技術やモノのインターネット(IoT)についてレポートし、Web3やメタバースに進出する大手高級ブランドと協力した。マサチューセッツ大学でジャーナリズムと英文学の学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー