詳細を見る

イーサリアムETFの次はソラナか

7 mins

ヘッドライン

  • ビットコインとイーサリアムのETF承認を受けてソラナETFへの関心が高まり、アルトコインにスポットライトが当たる。
  • 2023年1月以来1,289%の価格高騰を含むソラーナの成長は、投資家の信頼を高めている。
  • 専門家は、ソラナETFは規制当局の承認と市場の状況を待って、数年以内に可能だと見ている。
  • promo

ビットコインとイーサリアムの上場投資信託(ETF)が承認された後、ソラナETFの可能性に注目が集まっている。

実際、米証券取引委員会(SEC)がこれらの金融商品を承認したことで、他のアルトコインへの関心が高まり、ソラナが脚光を浴びている。

ソラナETFの可能性

ソラナETFのアイデアは、業界のリーダーや投資家の間で大きな議論を呼んでいる。暗号資産を分散投資する手段としてアルトコインETFの人気が高いことを考えると、承認されたSolana ETFは大きな利益をもたらし、そのエコシステムへのエクスポージャーを高める可能性がある。

過去数年間、Solanaは大きな支持を得てきた。ネットワーク停止や厳しい市場環境といった当初の挫折にもかかわらず、ソラナは目覚ましいマイルストーンを達成してきた。

2023年1月以来、SOLの価格は1,289%以上急騰し、その回復力を実証し、投資家の信頼を高めている。

関連記事: ソラナ(SOL)価格予測 2024年 / 2025年 / 2030年

ソラナ価格パフォーマンス
ソラナ価格のパフォーマンス 出典:トレーディングビュー

さらに、ソラナネットワークのアクティブアドレスは、今年累計で66万件から156万件に増加し、グーグルトレンドの検索関心も過去最高を記録しています。これらの指標は、個人投資家や機関投資家の間でのソラーナの注目度の高まりを反映しており、ユーザー基盤の拡大とネットワーク活動の活発化を示しています。

ソラナETF承認への道

ソラナETFの実現可能性とスケジュールについて、専門家の意見はさまざまだ。暗号資産投資家のブライアン・ケリーはX(旧ツイッター)で、次はソラナETFかもしれないとの考えを示し、議論を始めた

ブルームバーグのETFアナリスト、ジェームズ・セイファート氏もこれに同意し、数年かかるかもしれないが、特定の条件下ではプロセスが加速するかもしれないと示唆した。

「ソラナETFは)CFTCが先物市場を規制するようになってから数年以内に実現するだろう。しかし、議会とFIT21のような市場構造法案は、それをより早く実現する可能性がある。ソラナETFは、他のデジタル資産と比較して最も需要があると思います」とセイファート氏は指摘する。

それでも、ソラナETFを含むETFの承認プロセスは厳しく、SECによって監督されている。以下はそのプロセスの概要である:

  • 申請:スポンサーはSECに詳細な提案書を提出し、ETFの仕組みと目的を概説する。
  • 規制当局による審査:SECは投資家保護、市場整合性、規制遵守を確保するため、提案を徹底的に審査する。
  • パブリックコメント提案書は多くの場合、パブリックコメントのために公開され、利害関係者が意見や懸念を表明できるようにします。
  • 承認または却下:SECは、場合によってはコンプライアンスを確保するための条件付きで、提案を承認または却下する。

法的・規制的考察

Minc Lawの弁護士でAR Media ConsultingのCEOであるアンドリュー・ロッソウ氏は、暗号資産ETFを承認する際の課題を強調した。

「私たちが問うべきは、米国が暗号資産ETFの対話の扉を現実的かつ安全に開くためには、どのようなハードルを乗り越える必要があるのかということだ。1月にSECがビットコインETFを承認したときでさえ、このプロセスは大きな頭痛の種であり、SECの時間とリソースを引き伸ばした。実質的な規制の変更なしに、今違う結果を期待するのは非現実的です」とロッソウ氏は強調した。

これまでのところ、米国ではソラナETFの正式な申請は行われておらず、ポンプ・インベストメンツの投資家であるアンソニー・ポンプリアーノ氏は、その存在すら知らなかったことを認めている。厳しい規制環境が届出がないことの理由かもしれない。さらに重要なのは、SECは以前からSOLを「証券」と位置づけており、承認プロセスがさらに複雑になる可能性があることだ。

ETFが承認されるたびに暗号資産市場が発展し続ける中、楽観的な見方も増えている。今夏、イーサリアムETFの承認が目前に迫り、ソラナを含む他のアルトコインへの期待が高まっている。

最終的に、Solana ETFの可能性は、規制当局の承認、市場の成熟度、投資家の需要次第となる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー