詳細を見る

渡辺創太氏率いるスターテイルラボ、ソニーより5億円資金調達へ

3 mins

日本発パブリックブロックチェーンのアスターネットワーク(ASTR)代表、渡辺創太氏がCEOを務めるスターテイルラボはこのほど、第三者割当増資に伴う株式割当契約を締結した。これに伴い、同社はソニーネットワークコミュニケーションズより約5億円(350万ドル)の資金調達を行う。

同資本提携を通して、ソニーネットワークコミュニケーションズ渡辺潤代表取締役が新たにスターテイル・ラボの取締役に就任。同資本提携により、両社は互いの専門性を活かし、Web3時代を支えるグローバルインフラの確立を目指して本格的な業務連携の検討を進めていく。

渡辺創太CEOは「ソニーネットワークコミュニケーションズと資本提携の締結を嬉しく思う。ソニーグループはWeb3において世界有数のポテンシャルがある企業だと考えている。Web3キラーユースケースの創出に向けて、ソニーネットワークコミュニケーションズと協働しながらWeb3時代を支えるグローバルインフラを開発していきたい」と語った。

両社は19日のは今年3月より続いてきたインキュベーションプログラムの集大成となる「デモデイ」を開催。渡辺CEOが率いるアスターネットワークは16日、新ロードマップを公開し「Astar2.0」の内容を明かしていた

スターテイルラボは「数十億人が使うWeb3を構築する」をミッションにWeb3インフラ開発を行うテック企業。日本発のパブリックブロックチェーンアスターネットワークの開発で培われた実績を用いて、プロダクトの開発を行う。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー