詳細を見る

トルネードキャッシュトークン40%暴落|ガバナンスへの攻撃受け

2 mins

暗号通貨(仮想通貨)のミキシングサービスを行うトルネードキャッシュ(TORN)を運営するトルネードキャッシュDAOは20日、攻撃者によって制御され、ネイティブトークンTORNの価格は6.08ドルから3.57ドルに41%近く下落した。

画像:BeIncrypto

攻撃者はガバナンスで120万票を付与することに成功。その後、同プロジェクトDAOのガバナンスシステムを完全に制御する悪意のある提案を通過させた。提案の通過により、攻撃者はシステムからロックされた投票をすべて排除し、ガバナンス契約のすべてのトークンを引き出すことが可能となった。しかし、攻撃者は全てのトークンを引き出さず10,000TORN(2万5000ドル相当)を引き出し、売却した。その後、攻撃者はガバナンスの状態を復元する新しい提案を投稿した。この提案が通過するかどうかは、5月26日まで明らかにならない。

この提案が通過すれば、トルネードキャッシュのガバナンスシステムは元の状態に戻る可能性がある。しかし、その結果がどのように影響するかは、まだ不明である。現在、最大手暗号資産取引所バイナンスはTORNの入出金を停止している。

同サービスをめぐっては2022年8月、マネーロンダリング(資金洗浄)をほう助したとしてオランダ犯罪庁(FIOD)よって同サービス開発者アレックス・ペルツェフ被告が逮捕されていた。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー