詳細を見る

スポット・ビットコインETF、米国時間帯にかつてない取引量を記録

4 mins

ヘッドライン

  • 米国市場の時間帯におけるビットコイン取引は、1月から4月までの今年の累積取引量の46%に急増した。
  • 1月に発売されたスポット・ビットコインETFは、取引急増の大きな原動力となり、約130億ドルの純流入を集めた。
  • 米国時間中のビットコインのパフォーマンスはボラティリティが小さく、S&P500との相関性が高まっていることを示している。
  • promo

米国市場の時間帯におけるビットコイン取引は前例のない水準まで急増しており、2024年年1月から4月までの累計取引量の46%を占めている。

この取引活動の増加は、1月のスポット・ビットコイン上場投資信託(ETF)のローンチと密接に関連している。

米国がビットコイン取引を支配、アジアは後れを取る

Kaiko Researchは、ビットコイン取引量が米国の取引時間の開始時と終了時に急増することを強調している。このパターンは、各平日の米国証券取引所の終値におけるETFの純資産価値の計算と相関している。

さらに、木曜日は米国時間中の取引量が最も多く、1日の累積取引量の15%近くを占めている。

米国時間帯のビットコイン取引量は2022年の水準まで回復しているが、アジア取引時間帯の取引量は大幅に減少している。このシフトは、米国市場の活動がビットコイン取引のダイナミクスに与える影響が大きくなっていることを示している。

関連記事:ビットコインETFの購入方法徹底ガイド

米国市場時間中のビットコイン取引
米国市場時間中のビットコイン取引|出典:カイコ/ブルームバーグ

さらに、暗号データ会社-CCDataの最高製品責任者であるToby Winterflood氏は、米国市場時間中のビットコインのパフォーマンスは、以前の期間と比較してボラティリティが落ち着いていることを反映していると指摘した。

「文字通り、これらのETFがビットコインとS&Pの相関関係だけでなく、他のアルトコインや他の暗号資産との潜在的な非相関関係にも影響を与えたことを示している。

スポット・ビットコインETFは、4ヶ月前の発売以来、約130億ドルの純流入を引き寄せている。これは、業界史上最も成功した商品カテゴリーのデビューとなった。

5月に入ってからの純流入額は13億ドルと、需要は鈍化しているものの、ペースは再び上がっているようだ。過去2日間だけで、これらのETFは累計5億4290万ドルの純流入を記録した。

現在、ビットコインは心理的抵抗水準である7万ドル付近で取引されている。Hashkeyのレポートによると、ビットコインは2024年1月から4月にかけてS&P 500の5倍のリターンを上げた。

暗号資産全体の53%を占めるビットコインは、今年累計で57%のリターンを記録した。一方、S&P 500は同期間に12.20%の成長を記録した。

関連記事:ビットコイン価格予測 2024/2025/2030

ビットコインとS&P500の価格パフォーマンス|出典:トレーディングビュー

ビットコインのボラティリティは、他の暗号資産と比較して一般的に低く、市場内での独自のポジションを浮き彫りにしている。他の多くの暗号資産は、暗号セクター内の幅広いボラティリティと潜在的な報酬を反映して、ビットコインのパフォーマンスの何倍ものリターンを得ている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー