詳細を見る

バージニア州の法案が暗号資産とブロックチェーン研究会を招集

5 mins

ヘッドライン

  • バージニア州の金融機関局は、新しい法律に従って、マイニング、ブロックチェーン、暗号資産を研究するグループを結成する。
  • サダム・アズラン・サリム上院議員の法案の修正案は、取引所の証券登録を免除し、暗号資産決済税を引き下げる可能性がある。
  • フェアファックス郡は2018年から3つの暗号資産に年金資金を投資し、そのボラティリティと革新性から利益を得ている。
  • promo

バージニア州金融機関局は7日、ブロックチェーン技術、デジタル資産マイニング、暗号通貨を研究するワークグループを招集する。この作業部会は、取引所が未登録証券の提供で非難されることを防ぐために提案された新しい暗号資産規制を受けて、州のデジタル資産産業を拡大するためのロードマップを作成する。

バージニア州上院の商業・労働委員会は、上院議員によって提案された新しい暗号資産法案を拡大するために、州の金融機関局に任務を与えた。

法案は暗号資産に関する研究会を提案

修正案によると、同局はマイニング、ブロックチェーン、暗号資産を研究するグループを招集しなければならない。このグループは、下院議員5名、上院議員5名、ブロックチェーンに詳しい非議員の市民2名、地方自治体を代表する非議員の市民1名で構成されなければならない。

このグループは、2024年11月1日までに会議を終了し、その結果を来年知事に発表しなければならない。発表は2025年通常総会の初日に行われる。

続きを読む暗号通貨マイニングとは?

新法案は、サダム・アズラン・サリム上院議員が1月に提出した法案の修正案である。この法案では、暗号通貨マイニング企業は送金業者としての登録が免除される。

new crypto regulations miners electricity
米国の州別電気料金|出典:エネルギーボット

エネルギー追跡サービスEnergy Botによると、バージニア州の企業向けエネルギーコストは5番目に低い。そのため、採掘業者はそこで安住の地を見つけることができる。

法案はまた、暗号資産取引所は証券登録を免除されるとしている。さらに、暗号資産による支払いは低税率となる。

関連記事:暗号通貨マイニングにオススメのハードウェア7選

2018年以降、バージニア州のフェアファックス郡は、一部の政府職員の年金資金を3つの暗号資産投資ファンドに投資している。暗号資産に直接投資するのではなく、ベンチャーキャピタル投資商品は有望なインフラプロジェクトに投資する。アブソリュート・リターン・ファンドは暗号資産のボラティリティから利益を得、高利回りの債券投資は業界が成熟する間、暗号資産のリターンから利益を得たいと考えている。

イエレン氏、ステーブルコイン規制を提唱

各州がデジタルドルを求めて奔走する一方で、連邦政府は昨日、暗号資産規制のための杭を打ち込んだ。ジャネット・イエレン米財務長官は、未登録証券ではない暗号資産のスポット取引を規制するよう議会に要請した。

“当評議会は、暗号資産プラットフォームやステーブルコインの暴落など、デジタル資産と関連するリスクに注目している。” “適用される規則や規制を施行し、議会はステーブルコインや証券ではない暗号資産のスポット市場の規制を規定する法案を可決すべきである。”

以前、USDCのステーブルコイン発行会社サークルのCEOであるジェレミー・アレール氏は、米国が今年中にステーブルコイン規制を可決することを楽観視していると述べた。ステーブルコインは法定通貨と1対1で固定された資産である。

BeInCryptoはバージニア州当局にコメントを求めたが、発表時点ではまだ返答がない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー