詳細を見る

ブテリン氏、イーサリアムのERC-3770、ERC-7683アップグレードを提唱

9 mins

ヘッドライン

  • Vitalik Buterin氏は、イーサリアムの取引プロセスを強化するためにERC-3770とERC-7683のアップグレードを提唱している。
  • ERC-3770は、ユーザーエラーを減らし、チェーン間の取引を合理化するための新しいアドレス規格を導入する。
  • イーサリアム財団、ペクトラハードフォーク前のプロトコルセキュリティを強化するため、200万ドルの「アタッカソン」を発表。
  • promo

ヴィタリック・ブテリン氏は9日、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンのPolymarketに入金するインターフェースを実演し、変化の必要性を強調した。同氏は、ERC-3770とERC-7683のアップグレードの実施を呼びかけている。

イーサリアムネットワークがユーザーエクスペリエンスの向上と開発者の活動の促進を強化する動きは、エコシステムが業界の評判を維持するための重要な戦略である。

イーサリアムネットワークのアップグレードを求めるブテリン氏

ロシア系カナダ人のイノベーターは、ユーザーの取引プロセスを合理化することが期待される現行システムの改善の必要性を強調している。この動きを実装することは、コミュニティからのフィードバックに基づく、この分野での重要な進歩を意味する。

ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムの変更を提案
ヴィタリック・ブテリン氏、イーサリアムでの変更を提案:X post

イーサリアムのGitHubチャンネルによると、ERC-3770は2021年8月に作成されたが、停滞したままである。これは、人間が読めるチェーン識別子でチェーン固有のアドレスをプリペンドすることに焦点を当てている。したがって、このアップグレードを実装することは、ウォレットやdAppsが適応するための新しいアドレス標準を導入することになる。

関連記事:イーサリアム(ETH)の購入方法と知っておくべき全知識

この作成は、イーサリアム仮想マシン(EVM)を使用する非イーサリアムメインネットチェーンの採用が増加していることからインスピレーションを得た。ブテリン氏は、アドレスが現状で曖昧さを示していることから、すでに実装の時期がとっくに過ぎていると考えている。現状では、イーサリアムユーザーが人為的ミスで資金を失うリスクが高く、複数のユーザーが同意している。

「ERC-3770の利点は、シンプルであるため、人々はそれを使用することができます。一部のツールがERC-3770アドレスをサポートしていなくても、接頭辞を削除するだけで「手動で変換」することができます。手動で変換 “できないものはすべて、展開がずっと難しくなります」とグノーシスの共同設立者マーティン・ケッペルマンは付け加えた

ブテリンがこうしたアップグレードを推し進めるのは新しいことではない。同氏は6月にも同じアドレスについて議論し、ユーザーエクスペリエンスの問題を解決する方法として紹介している。

イーサリアム幹部によれば、ERC-3770の提唱はチェーンをアドレスの一部にするものだという。これは素人にとって、アドレスが自己完結的な「支払い方法」の識別子になることを意味する。

同氏はまた、ERC-7683のアップグレードを推進した。これはレイヤー2を横断する交換プロトコルで、チェーンをまたいだプログラムによる送信を可能にする。これにより、どの特定の仲介者を信頼し、どのAPIに接続するかという懸念が解消される。

これらの実装は効率を高め、流動性プロバイダーに対するクロスチェーン取引所市場の親和性を高めるだろう。

イーサリアム、200万ドルのアタッカソンでプロトコルのセキュリティを強化

並行して、イーサリアム・ネットワークはペクトラ・ハードフォークに先立ち、200万ドルの「アタッカソン」でプロトコルのセキュリティを強化したいと考えています。月曜日の発表で、イーサリアム財団はバグ報奨金プラットフォームImmunefiとの協力を発表しました。

初のEthereumプロトコル・アタッカソンとなるこの4週間のイベントのミッションは、Ethereumプロトコルのセキュリティを強化することです。この目的のために、イーサリアムプロトコルセキュリティ(EPS)研究チームは、大規模なクラウドソースセキュリティ監査コンペティションを開催する。

続きを読む:イーサリアム(ETH)価格予測 2024/2025/2030

財団は、報酬プールの目標額200万ドルのうち、50万ドルのシードをコミットしています。残りの150万ドルはコミュニティが拠出し、締め切りは8月1日です。

「私たちは、プロジェクトから個々の開発者まで、イーサリアムコミュニティ全体がこの重要なイベントに参加することを招待します。リワードプールへの貢献は、イーサリアムエコシステムのセキュリティを直接的に強化します。これは、ユーザーと開発者にとってより安全な環境を促進するのに役立ちます」とブログの抜粋を読んだ。

このイニシアチブは、イーサリアムコミュニティが次のアップグレードであるペクトラハードフォークに備える中で生まれた。 2024年後半から2025年初頭にローンチされる予定のこのアップグレードは、イーサリアムのユーザーと開発者のエクスペリエンスに大幅な改善をもたらすことを約束し、それによってERC 3770とERC 7683に整合します。

Pectraのアップグレードにおける他の主要な開発には、Account Abstraction(EIP-7702)、EVM Object Format (EOF)の改善、Maximum Effective Balance (EIP-7251)、PeerDas (EIP-7594)などがあります。

アップグレードはさておき、市場が米国証券取引委員会(SEC)に注目する中、ETH 価格は強さを見せ続けて いる。この関心は、スポットETH ETF(上場投資信託)のローンチの可能性が期待される中でのものです。

ETHはここ数日、プラスの動きを見せており、3,000ドルのしきい値を超えている。一方、ビットコイン価格は60,000ドルを下回っている。 アルトコインは暗号通貨のパイオニアであるビットコインからヒントを得ることで知られているため、イーサリアムが3,000ドルを超えて取引されていることは注目に値する。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー