詳細を見る

ブテリン氏がポリゴン(MATIC)の革命的技術を称賛した理由

7 mins

ヘッドライン

  • ポリゴン、ブロックチェーンのスケーラビリティと相互運用性を強化する「タイプ1プローバー」をリリース。
  • ヴィタリック・ブテリンは、統一されたブロックチェーン産業の可能性を見て、この前進を支持している。
  • 暗号通貨アナリストはMATICに強気で、強い上値の動きを予測している。
  • promo

新しいマイルストーンは、より相互接続された効率的な暗号通貨市場に向けた大きな飛躍を示すことが多い。ポリゴン(MATIC)によるそのような画期的な成果は、イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏を含む暗号資産コミュニティの注目を集めている。

この開発には、ゼロ知識証明を通じてイーサリアム互換ネットワークのスケーラビリティと相互運用性を強化するために設計された新しいコンポーネントである「タイプ1プローバー」のリリースが含まれている。

ポリゴンが新たな技術的進歩を発表

ポリゴンが最近発表したタイプ1プローバーは、ブロックチェーン業界における極めて重要な瞬間である。実際、EthereumのEVM標準と互換性のあるネットワークは、レイヤー2ネットワークに変換することができます。この統合により、ポリゴンの広範なエコシステムへのシームレスな接続が容易になり、ブロックチェーンの効率性とアクセシビリティの新時代が到来する。

この進歩の技術的な素晴らしさは、ヴィタリック・ブテリン氏が気づかないわけがない。同氏は以前から、ゼロ知識証明がレイヤー2ネットワークの能力を高め、基礎となるブロックチェーンと同等にする可能性を唱えてきた。

「個人的には、ZK-EVMの改善とイーサリアム自体のZK-SNARKフレンドリーな改良を組み合わせることで、時間とともにすべてがタイプ1になることを願っています。そのような未来では、私たちはZKのロールアップにもイーサリアムのチェーン自体の検証にも使用できる複数のZK-EVMの実装を持つことになるでしょう」とブテリン氏は書いている。

このブレークスルーの意義は、分断されたブロックチェーン業界を統合する可能性にある。EVMチェーンと楽観的ロールアップがType 1プローバーと、それに続くPolygonのAggregationレイヤーに修正なしで接続できるようになることで、ネットワークはイーサリアムの膨大な流動性と価値を利用できるようになる。

この成果は、ポリゴンのロードマップの重要な要素である。これは、「ゼロ知識」またはZK暗号の統合を今後の開発の基礎技術として強調している。

Type 1プローバーは、イーサリアムとの比類ない互換性を約束する。イーサリアムのメインネットブロックのZKプルーフをトランザクションごとに最小限のコストで生成する能力を誇ります。そのため、この高度な暗号手法の効率性と手頃な価格が実証されています。

“タイプ1のアップグレードにより、ポリゴンのzkEVMプローバーがタイプ1モードで作成した証明は、すでにメインネットのイーサリアムブロックに対してトランザクションあたり平均0.002~0.003ドルのコストで生成されています(他のタイプ1プローバーの36倍以上の速度)。Plonky3とzkEVMの改善により、今後1年間で30倍から50倍のコスト削減が見込まれる」とPolygon Labsは書いている。

アナリストはMATICの価格ポテンシャルに強気に転じる

このような技術的躍進の中で、MATICの値動きは様々なアナリストから強気の見通しを引き出している。そのセンチメントは、暗号資産の強気局面における買い機会に対する楽観的な見方から、力強い上昇への期待まで多岐にわたる。市場の反応は、ポリゴンのイノベーションがトークンの価値に与える潜在的な影響を強調している。

例えば、Mister Cryptoは、MATICが「この暗号資産の強気相場では大きく出遅れている」と指摘し、低価格でトークンを取得する好機である可能性を示唆した。同時にCrypto Randは、MATICが重要な抵抗レベルを突破した後の「統合」局面を強調し、強気の急騰の可能性を示唆した。

さらに、Cold Blooded Shillerは、MATICの高い時間軸でのパフォーマンスを強調し、「現在、暗号資産で最高のチャートの1つ」と表現した。

MATICは、”アハハ、私はとても弱いです。ああ、私をショートしてください “というようなことをやっている。

関連記事:仮想通貨ポリゴン(MATIC)の将来性

Polygon (MATIC) Price Performance
ポリゴン(MATIC)の価格パフォーマンス|出典:トレーディングビュー

ポリゴンのタイプ1プローバーは、ブロックチェーンの相互運用性と効率性の未来を示す道標です。MATICの今後の値動きについて様々な憶測が飛び交う中、Polygonの次なる旅路への期待が高まっている。ヴィタリック・ブテリンのような専門家による検証は、これを後押ししている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー