詳細を見る

米国、暗号資産監視強化でWeb3起業家がすべきこと

10 mins

ヘッドライン

  • 米暗号資産取り締まりで困難に直面するWeb3創業者、強固なコンプライアンス戦略の必要性を強調
  • 厳しい規制と投資家の信頼が極めて重要であり、透明性とAML/KYCプログラムが不可欠である。
  • グローバルな規制遵守と協力、そして教育キャンペーンが、安全な暗号資産を育成する。
  • promo

Web3の創業者は、特に最近の米国の暗号資産取り締まりを考慮すると、前例のない課題に直面している。バイナンスとの40億ドルの和解と同社のCEOに対する法的措置は、暗号通貨市場における規制当局の監視が強化されていることを浮き彫りにしている。

この取り締まりは、Web3の新興企業が規制環境を効果的に乗り切るために戦略を適応させる必要性を反映している。

規制が投資家の信頼を高める

暗号通貨に対する米国の規制環境はますます厳しくなっている。規制機関は、金融規制、マネーロンダリング防止(AML)基準、顧客保護メカニズムの遵守を重視している。

「バイナンスとの40億ドルの和解は、そのCEOに対する法的措置とともに、世界の暗号通貨市場にとって重要な瞬間です」と、Mujeres en Derechoの共同設立者であるマリア・フィオレンティーニ氏はBeInCryptoに語った。

このような監視の強化により、Web3の創設者は、規制当局の期待に沿うよう、強固な暗号資産コンプライアンス・フレームワークを導入する必要がある。実際、投資家の信頼はWeb3新興企業の成功に重要な役割を果たしている。

Binance、Coinbase、Krakenのような大手企業に対する規制措置は、暗号通貨市場のリスクと不確実性を浮き彫りにしたため、投資家の信頼を揺るがした。しかし、長期的には厳しい規制が業界を浄化し、投資家の信頼を高める可能性がある。

「投資家の信頼への影響は2つの角度から見ることができる。これらの行動は、業界の浄化によって投資家の信頼を高めるか、厳しい規制によって投資家の信頼を失うかのどちらかです」とフィオレンティーニ氏は指摘する。

Web3の創業者は、投資家を安心させ、長期的な投資を呼び込むために、透明性とコンプライアンスに重点を置くべきです。

したがって、規制環境を乗り切るために、Web3の新興企業は強固なAMLとKnow Your Customer (KYC)プログラムを導入する必要がある。効果的なKYC手続きには、顧客の身元確認、身元調査の実施、国際的な制裁リストの遵守の徹底などが含まれる。

関連記事:暗号資産規制:利点と欠点は何か?

デューデリジェンスの強化は、大口取引に関与する顧客や高リスクの法域で活動する顧客など、高リスクの顧客にとって不可欠である。フィオレンティーニ氏によると、Web3の創業者はこれらのプログラムを確立し、規制遵守へのコミットメントを示すことでリスクを軽減できるという。

包括的なコンプライアンスの枠組み

フィオレンティーニ氏は、Web3の新興企業には包括的なコンプライアンスの枠組みが不可欠だと考えている。これには、現行の法律や規制を理解し、実施し、会社の実務を更新する責任を負う規制コンプライアンス専門チームの設置が含まれる。

コンプライアンス・プログラムの定期的な内部監査と外部監査は、脆弱性を特定し、規制要件の遵守を確認するのに役立ちます。

高度な監視・報告システムも、不審な行為の検知と防止に不可欠である。実際、リアルタイムの取引監視技術は、大口の取引、資産の急激な移動、またはマネーロンダリングの兆候を示すパターンを特定することができる。

疑わしい活動を関係当局に速やかに報告するための手順もまた、関連する。これには、疑わしい活動報告(Suspicious Activity Report:SAR)を特定、検討、提出するための明確なプロセスの策定が含まれ、これらは規制遵守を維持するために不可欠である。

国際的に事業を展開するWeb3の新興企業にとって、すべての管轄区域における規制基準の遵守は必須である。これには、金融活動作業部会(FATF)の勧告やその他の国際的ガイドラインの遵守も含まれます。グローバルなコンプライアンスを確保することで、ウェブ3の創業者は国境を越えた事業に伴うリスクを軽減し、持続可能な成長のための強固な基盤を築くことができる。

「どの国で取引所を運営するかによって、さらに多くの要件があります。これらは一般的に必要なことです。私は、暗号資産がどのように機能するかを真に理解し、各国に応じた規制を深く調査する強力な法務チームを持つことをお勧めします」とフィオレンティーニ氏はBeInCryptoに語った。

世界の暗号資産規制
世界の暗号資産規制|出典:スタティスタ

規制機関との協力的な取り組みにより、Web3新興企業のコンプライアンス能力を大幅に向上させることができる。国境を越えた暗号資産詐欺に対抗し、犯人を追跡するためには、規制機関や執行機関のグローバルな協力が不可欠である。

また、透明性、セキュリティ、顧客保護に関する業界標準やベストプラクティスの開発を奨励することで、より安全で信頼性の高い暗号通貨市場を育成することができる。

教育と啓発の重視

投資家を保護し、市場の健全性を維持するためには、教育・啓発キャンペーンが極めて重要である。これらのキャンペーンは、暗号通貨投資のリスク、詐欺を見抜く方法、デューデリジェンスの重要性について投資家に知らせるべきである。

詐欺や詐欺の疑いがある場合に使いやすい報告メカニズムを確立することで、迅速な対応を確保し、投資家の利益を守ることができます。

「教育キャンペーンと報告制度は不可欠です。投資家はリスクとその回避方法を理解する必要があります」とフィオレンティーニ氏は強調した。

暗号通貨の規制環境は進化しており、明確化、コンプライアンスの厳格化、消費者保護の強化、国際的な協調が進んでいる。一部の市場参加者にとっては難しいことですが、こうした規制の調整は、暗号通貨業界の長期的な持続可能性と正当性にとって極めて重要です。

「これらの変化の詳細やペースは法域によって異なるだろうが、全体的な方向性は、グローバルな金融システムへの統合が進む成熟した市場を示している」とフィオレンティーニ氏は締めくくった。

結論として、Web3の創業者は米国の暗号資産取り締まりを効果的に乗り切るために包括的な戦略を採用する必要がある。強固なコンプライアンス・フレームワークを導入し、投資家の信頼を築き、国際的なコンプライアンスを確保することで、Web3の新興企業は繁栄し、世界の暗号通貨市場の成熟に貢献することができる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー