詳細を見る

バイナンス、マネーロンダリング対策で440万ドルの罰金=カナダ

4 mins

ヘッドライン

  • バイナンス、コンプライアンス違反でカナダから440万ドルの罰金。
  • 罰金はマネーロンダリング取り締まりの一環である。
  • 暗号資産取引所は5,900件の取引を報告しなかった。
  • promo

カナダの金融取引報告分析センター(FINTRAC)は9日、世界的な暗号資産取引所バイナンスに対して約440万ドルの罰金を科した。

この措置は、急速に拡大するデジタル通貨セクターにおけるマネーロンダリングとテロ資金供与をターゲットとした、より広範な取り締まりの重要な一部である。

カナダはバイナンスに440万ドルの罰金を科す

FINTRACは、バイナンスが外国のマネーサービス事業者としての登録を義務付けるカナダの規則に違反したことを発見した。警告と期限の延長にもかかわらず、バイナンスは国内のアンチマネーロンダリング(AML)法に違反した。

同機関は、暗号資産取引所が2021年6月1日から23年7月19日まで、それぞれ7,266.57ドル以上の仮想通貨取引を5,900件以上報告しなかったことを発見した。この監視は、大規模な暗号資産取引を監視する上での規制当局のハードルを浮き彫りにし、より厳格な監視の必要性を反映している。

FINTRACのサラ・パケ取締役兼最高経営責任者(CEO)は、「カナダの反マネーロンダリングおよび反テロ資金調達規制は、カナダ国民の安全とカナダ経済の安全を守るために設けられています。FINTRACは、企業が同法に基づく義務を理解し遵守できるよう、引き続き協力していきます。私たちはまた、企業が自らの役割を果たし続けるよう毅然とした態度で臨み、必要な場合には適切な措置を講じます」と語った。

今回の罰則は、バイナンスの規制の過程における新たな挑戦の章となる。24年年初め、米国当局は同社の前CEOであるChangpeng Zhao氏が米国のAML法に違反したことを認めた後、4ヶ月間の投獄が決まった。

バイナンスは、米国の様々な容疑に関して43億2000万ドルという驚異的な和解に合意した。これには、米国商品先物取引委員会に支払われた5000万ドルの罰金と刑事罰が含まれる。

カナダと米国の当局がバイナンスに対して行った規制措置は、単独地域による事件ではない。むしろ、暗号通貨取引所に対する監視の強化という世界的な傾向を示している。この統一されたアプローチは、国際金融のグレーゾーンでしばしば運営されてきた市場に、より透明性と説明責任をもたらすことを目的としている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー