詳細を見る

ウィスコンシン州、金融大手に続きビットコインETFを購入

4 mins

ヘッドライン

  • SWIBはブラックロックのiシェアーズ・ビットコイン・トラストに9900万ドルを投資した。
  • この戦略的買収は、機関投資家の投資拡大を反映したものである。
  • JPモルガンとウェルズ・ファーゴもかなりの保有を公表している。
  • promo

ウィスコンシン州投資委員会(SWIB)は、ブラックロックのビットコインETFであるiシェアーズ・ビットコイン・トラスト(IBIT)を9900万ドル分購入することで、暗号資産市場に大きな動きを見せた。

この買収は、米国証券取引委員会(SEC)への最近の提出書類で開示され、ビットコイン上場投資信託(ETF)への機関投資家の投資の増加傾向を浮き彫りにしている。

ウィスコンシン州の戦略的な動き

1月にビットコインETFのスポットが承認されて以来、金融市場はざわついている。これらの投資ビークルは、機関投資家の間で急速に人気を集めている。例えば、ウェルズ・ファーゴやJPモルガンといった大手金融機関は、すでにビットコインETFの保有を公表している。

SWIBは、ウィスコンシン退職金制度や州投資基金など、様々な州信託基金の資産運用を担当しており、現在、成長するETF市場に戦略的に位置づけている。ブラックロックが提供するETFに1億ドル近くを投資することで、ウィスコンシン州は暗号資産の未来に賭ける機関投資家のリストに加わることになる。

「通常、(ETFの流動性が高まる)1年かそこらは、こうした大物機関投資家が13Fに登場することはないが、我々が見てきたように、これらは普通のローンチではない。ブルームバーグのシニアETFアナリスト、エリック・バルチュナス氏は、「良い兆候だ。

このような新しい金融商品への投資が減速する兆しはない。過去24時間で、約6600万ドルの純流入が記録され、総流入額は約117億5000万ドルに達した。目立った上昇を見せたのは、3900万ドルの資金流入を受けたFBTC、2000万ドルの資金流入を受けたBITB、700万ドルの資金流入を受けたHODLだった。

ビットコインETFの流れ
ビットコインETFのフロー|出典:ファーサイド・インベスターズ

他の金融大手も同様に投資を強化している。Bracebridge CapitalはスポットビットコインETFに3億6300万ドルを投資しており、Bank of Montrealも最近のSECファイリングでビットコインETFを所有していることを明らかにしている。さらに、スイスを拠点とする投資銀行UBS Group AGは、IBITに14万5,692ドルを投資した。

そのETFへの機関投資家の流入は、金融セクターにおける極めて重要な変化を意味する。これは、暗号通貨が正当な資産クラスとして受け入れられつつあり、デジタル資産の主流金融への広範な導入と統合への道が開かれつつあることを示している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー