詳細を見る

ウルフ・オブ・ウォールストリートNFT発売へ|知的財産保護が目的

3 mins

米映画制作プロダクションのレッド・グラナイト・ピクチャーズ(Red Granite Pictures)が、自社制作映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のNFT発売を計画している。大手経済・金融通信社ブルームバーグが19日深夜、報じた。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は実在した米ウォール街の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの破天荒な成り上がり、放蕩ぶり、逮捕されるまでの転落劇を描いた2013年公開の映画作品。

オンラインコミュニティ上でカルト的な人気を博し、ツイッター(Twitter)やレディット(Reddit)など各SNSで無数のミームが流通し、映画をモチーフにしたグッズ販売も横行していた。これらはすべてレッド・グラナイト・ピクチャーズ社の許可なしに行われ、知的財産権の観点から問題視されていた。

レッド・グラナイト・ピクチャーズ社のランディ・ハーマンCFO(最高財務責任者)は、「NFT化は、映画の知的財産を保護するための方法である」とコメントを残している。

同社によると、販売価格は100ドル超の見込みで、NFTは映画シーンに関連するものとなる。さらにNFT保有者はオンラインコミュニティに参加できる。コミュニティではアパレル・雑貨など関連グッズの購入や、サウンドトラックの限定リミックス曲を聴くことも可能。

米ハリウッドでは現在、海賊版対策および新たな収益化の方法として、NFTの導入が進みつつある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー