詳細を見る

ChatGPT最高経営責任者の暗号通貨プロジェクトWorldcoin、Optisim対応へ

3 mins

オープンAI創業者サム・アルトマンCEOの暗号通貨プロジェクト「ワールドコイン」は11日、World IDとWorld Appが近日中にオプティズムのメインネットで利用可能になることを発表した。

オプティズムの対応によりWorld IDという分散型でプライバシーを重視した身分証明プロトコルがオプティミズム・メインネットというブロックチェーン上で利用可能になる。さらに、ワールドコインなどの暗号通貨やステーブルコインを利用できる最初のウォレットアプリ、World AppもOPメインネットに移行する。

加えて、Worldcoin財団とTools for Humanity(初期のプロトコル貢献者)たちは、Superchainというビジョンを実現するために、Optimism Collectiveを支援することも発表。Superchainでは、分散型IDの身分証明技術を核とした、新しい経済エンジンを作り上げることを目指している。ワールドコインは約1年前、スケーラビリティの向上を目指すイーサリアム改善提案であるEIP-4844への共同貢献を通じてオプティミズムとの協業を開始した。

アルトマンCEOの暗号通貨プロジェクト「ワールドコイン」は同氏と物理学者アレックス・ブラニア氏が2020年に設立した暗号通貨プロジェクト。8日にはノンカストディアルウォレット・アプリ「ワールドアプリ」をローンチしていた。ワールドコインでは分散型IDネットワークを目指し、その所有権をコミュニティに渡すことで、グローバルエコノミーへのアクセスを拡大することを目指す。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー