詳細を見る

夕張メロンNFT、ふるさと納税の返礼品に|JA夕張市公認

2 mins

北海道夕張市は1日、ふるさと納税の返礼品として「夕張メロンNFT」の申し込み受付を開始した。同NFTは、地方創生に取り組むWeb3企業MeTownと夕張市農業協同組合(JA夕張市)による共同プロジェクト。

夕張メロンNFTは、夕張メロンのブランド認知向上を目的として22年末に始動。実物の夕張メロン1玉と交換できる権利に加え、夕張メロン「デジタルアンバサダー」になれる権利を持つNFTとして、1月より0.07ETHにて販売開始。4月末時点の累計売上は200点を超えていた。

北海道夕張市は今回、同プロジェクトをふるさと納税の返礼品として採用。詳細情報は以下の通り。

  • ふるさと納税プログラム名:夕張メロン「デジタルアンバサダー」
  • 返礼品:夕張メロンNFT(限定888点)
  • 期間:5月1日~5月31日20時00分
  • 寄附金額:1点につき5万円(複数申込可)
  • 寄附受付先:ふるさとチョイスまたは楽天ふるさと納税

なお夕張メロンNFTには、以下の特典が含まれる。

  • 夕張メロンのデジタルアート
  • 実物の夕張メロン1玉との引換券
  • JA夕張市公認による2023年度夕張メロン「デジタルアンバサダー」になれる権利
  • デジタルアンバサダーは今後、限定の特典・体験へアクセス可能(収穫祭などを予定)
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー