詳細を見る

ユガラボ、BAYC類似NFTに対し勝訴

2 mins

Bored Ape Yacht Club(BAYC)の発行元であるユガラボが21日、ライダー・リップス氏およびジェレミー・カーン氏に対する略式裁判で部分的ながら勝訴した。。

カリフォルニア州中央地区連邦地方裁判所は、21日の公判前の略式裁判で、リップス氏とカーン氏がRR / BAYC NFTコレクションでユガラボの商標を侵害したと判断した。さらに、裁判所はユガラボに対し、「金銭的損害賠償と差止請求権がある」との判断した。

リップス氏とカーン氏はユガラボへの風刺的で批判的な反応としてRR / BAYCを作成し、NFTや関連プロジェクトに人種差別主義者、ネオナチ、オルトライトの犬の笛を埋め込んだとして、ユガラボを批判した。これを受け、ユガラボは2022年6月に訴訟を起こし、Ripps氏らが風刺を装いつつ消費者を意図的に混乱させ、不当な利益を数百万ドル得て、BAYCに対して被害を与えたことに喜びを感じていたと主張していた。

ユガラボは報道関係者に対し、「これは我々にとって単なる勝利ではなく、Web3業界全体が詐欺師や偽造者に責任を負わせるための勝利である」と語った。さらに、ユガラボは賠償金を請求していたが裁判所はこの請求を却下し、損害賠償の計算は審理中に行われるとしている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー