詳細を見る

暗号資産取引所Zaif、グレジットカード「Zaifカード」を発行へ=クレカ入金が可能に

3 mins

暗号資産取引所Zaifを運営するカイカエクスチェンジは23日、ライフカードとともに新たな提携クレジットカード「Zaif カード」の申し込み受付を開始した。加えて、ソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービスとの提携により、10月中旬頃からZaifアカウントへの入金方法としてクレジットカード決済が可能となる。

Zaifの入金方法には現在、銀行振込・コンビニ決済・ペイジー決済が含まれ、これにクレジットカードが加わる。クレジットカードでウォレットへ入金できる日本国内の仮想通貨取引所はZaifが初となる。「Zaif カード」利用者には、利用額に応じてBTCが付与される。ブランドはVISAのみで、初年度の年会費は無料。次年度からは1,650円。年間利用額が10万円を超えると、翌年度の年会費は無料となる。今後は毎月設定した金額をクレジットカードから自動で暗号資産の積立に充てる昨日などを導入する。

同社はZaifカードの発行開始を記念し、新規入会&カード利用キャンペーンを実施。キャンペーン期間中の23日から11月30日に入会、およびショッピング利用をしたユーザーの中から抽選でBTCを進呈される。キャンペーン特典「Zaif カード」新規入会で1,000円分のBTCが、カードの利用に応じて抽選で最大6,000円分のBTCを進呈される。

カイカエクスチェンジおよび、SBペイメントサービスは5月、スマートコントラクト決済「Slash Web3 Payments」の開発および提供を行うSlash Fintechと業務提携をしていた。同社は16日、仮想通貨クレイトン (KLAY)の取り扱いを開始。6月には暗号通貨FXのサービス提供終了に向けた段階的なスケジュールを発表していた。同社は7月31日に第一種金融商品取引業を廃止している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー