詳細を見る

分析家・ポッペ氏、5つのアルトコインを購入する理由

8 mins

ヘッドライン

  • トップアナリスト、イーサリアムETF承認後の5つのアルトコインの大幅リターンを予測。
  • Optimism、Arbitrum、Woo Network、Wormhole、Dogecoinなどが彼の一押しである。
  • これらは、技術的な強み、市場での位置づけ、成長の可能性を考慮して選ばれる。
  • promo

イーサリアムの上場投資信託(ETF)承認を受けて、トップアナリストのミハエル・ヴァン・デ・ポッペ氏は特定の5つのアルトコインに強気で、大幅なリターンを予測している。

この画期的な出来事はイーサリアムのエコシステム全体に関心を呼び起こし、アルトコインのシーズンの舞台を整えました。ここでは、ポッペ氏が購入に注目しているアルトコインを紹介し、それぞれ大きな利益をもたらす可能性があるとして選んでいる。

1.オプティミズム(OP)

イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションであるOptimismは、同氏がもっとも注目しているアルトコイン。イーサリアムの価格高騰に伴い、その効率性を高めるプラットフォームの繁栄が期待されている。

このLayer-2ネットワークは、ロールアップ技術を利用してトランザクションをバッチ処理することで、コストの削減とスピードの向上を実現している。Michaël van de Poppe氏は、その印象的な総価値ロック(TVL)比率を強調し、強固なエコシステムの成長を示した。Optimismは流通量が少ないため、強気な見通しをさらに強めている。

「Optimismのようなコインは、今後6ヶ月でBTCの価値が300%から800%になると思います。その可能性は非常に高いと思いますし、おそらくそれが最初の動きでしょう」とポッペ氏は語った。

オプティミズム (OP) TVL
オプティミズム(OP)TVL。ソースデフィラマ

2.アービットラム(ARB)

次にArbitrumだが、これもOptimismと拮抗するレイヤー2ソリューションである。Arbitrumは、より高速でセキュアなトランザクション処理を提供する技術であるゼロ・ナレッジ・ロールアップを活用している。

価格面で苦戦しているものの、Arbitrumのエコシステムは力強い発展の勢いを見せている。ヴァン・デ・ポッペは、その実質的なTVLと継続的な進歩により、アービットラムは堅実な投資対象であり、大幅なリバウンドの準備が整っていると考えている。

「アービットラムのTVLを見ると、時価総額とほぼ同じです。エコシステムも成長しているので、超強気です。しかし、値動きを見ると、それはゴミのようです」とファン・デ・ポッペは付け加えた。

関連記事:アルトコインの将来性と種類について解説

Arbitrum(ARB)のビットコインに対するパフォーマンス
ビットコインに対するアービトラム(ARB)のパフォーマンス|トレーディングビュー

3.ウーネットワーク(WOO)

高い流動性と低い手数料で知られる分散型取引所(DEX)のWoo Networkは、ヴァン・デ・ポッペ氏が購入を計画しているもう1つのアルトコインだ。

分散型金融(DeFi)セクターでは、中央集権型取引所に対する規制圧力の高まりにより、DEXが牽引役となっている。ウー・ネットワークの技術的優位性とユーザーベースの拡大は、特にイーサリアムの取引量が増加し続ける中、成長にとって有利なポジションにある。

「イーサリアムがうまくいき始め、取引量がすでに目覚めれば、WOOの出番だ。WOOは収益も得られるので、持っていて損はないと思います。WOOの全サイクルが始まれば、500%から1,500%の利回りが期待できると思います」とヴァン・デ・ポッペ氏は説明した。

Woo Network (WOO)の価格分析。
ウー・ネットワーク(WOO)の価格分析|出典:トレーディングビュー

4.ワームホール (W)

ブロックチェーン間の相互運用性のためのブリッジプロトコルであるWormholeが4位にランクイン。DeFiランドスケープが拡大するにつれ、異なるブロックチェーン間でのシームレスな資産移転が重要になっている。

同社の革新的なソリューションは、このクロスチェーン通信を容易にし、魅力的な投資先となっている。比較的新しい企業だが、広く普及し、さまざまなブロックチェーンエコシステムに統合される可能性は高い。

「安全なソラナ(SOL)のソリューションに賭けたい。Wormholeの唯一の厄介な点は、まだアンロックがあるという事実ですが、このアンロックには時間がかかるので、これは本当にうまくいくと思います」とポッペ氏は付け加えた。

ワームホール(W)トークンのアンロック
ワームホール(W)トークンのアンロック|出典:トークン・アンロック

5.ドージコイン(DOGE)

最後に、ミームコインとして有名なDogecoinは、依然として人気が高い。そのボラティリティにもかかわらず、Dogecoinのコミュニティーのサポートと最近の価格パフォーマンスにより、短期的なプレーとして実行可能である。

Michaël van de Poppe氏は、特に暗号資産市場が大きく上昇する中、Dogecoinをハイリスク・ハイリターンの資産と見ている。

「好むと好まざるとにかかわらず、ミームコインはすべて好調だ。Floki、Book of Meme、Bonk。これらのミームコインはすべて好調です。今こそDogecoinのポジションを取りたい。最も簡単なものだ。4倍から5倍、あるいはそれ以上になるでしょう」とヴァン・デ・ポッペ氏は締めくくった。

関連記事:2024年注目のミームコインとアルトコイン7選

これらのアルトコインは、技術的な強み、市場でのポジショニング、高いリターンの可能性に基づいて選択されている。しかし、暗号通貨市場特有のボラティリティを考慮すると、これらの投資には慎重に取り組むことが不可欠である。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー