詳細を見る

アルトコインの将来性と種類について解説

14 mins

ヘッドライン

  • アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨の総称で、ビットコインと同様に、ブロックチェーン技術を基盤するが、独自の特徴を持っている
  • ビットコインにはない機能をもっており、スケーラビリティの向上・スマートコントラクトなど、Web3業界の進展に貢献している
  • アルトコインには、スマートコントラクト型・レイヤー2型・ステーブルコイン型・匿名性型などがある

アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨の総称で、ビットコインにはない様々な特徴や用途があります。スマートコントラクトの実行や、DApps(分散型アプリケーション)の開発など、さまざまな用途に用いられており、アルトコイン市場は急速に成長しています。

そこで本記事では、アルトコインの将来性とその種類について解説します。これからアルトコインに投資をしたい人、アルトコインに少しでも興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

アルトコインとは?

アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨の総称です。ビットコインと同様に、ブロックチェーン技術を基盤としていますが、それぞれが独自の特徴を持っています。例えば、イーサリアムは、スマートコントラクトの実行を可能にするブロックチェーンプラットフォームで、ビットコインにはない特徴を持っています。

アルトコインは、ビットコインに比べて価格変動が大きい銘柄が多く、また、1通貨あたりの価格も低く、複数の銘柄に分散投資しやすいのもメリットです。しかし、アルトコインは、ビットコインに比べると流動性や信頼性が低い銘柄も少なくなく、詐欺やハッキングなどのリスクも存在するため、投資する際には十分に注意が必要です。

アルトコインの将来性

アルトコインの将来性について解説します。

  • スケーラビリティの向上
  • スマートコントラクトの活用
  • 特定の分野での活用

アルトコインの将来性①:スケーラビリティの向上

ビットコインでは、取引処理の速度やブロックサイズの制限などにより、スケーラビリティの問題が指摘されています。一方、アルトコインでは、ビットコインより高速な処理や大きなブロックサイズを実現する取り組みが進んでおり、スケーラビリティ向上の期待、Web3業界の進展に大きく貢献しています。

アルトコインの将来性②:スマートコントラクトの活用

アルトコインの中には、スマートコントラクトという仕組みを活用して、自動化された取引を可能にするものがあります。スマートコントラクトの普及により、効率化や新たなビジネスモデルが創出されており、DeFi(分散型金融)と呼ばれる仕組みを活用し、これまで解決できなかった社会課題にも貢献しているため、その将来性にも期待が集まっています。

アルトコインの将来性③:特定の分野での活用

アルトコインは、ビットコインとは異なる特徴や機能を備えているため、特定の分野で活用されることで、新たな価値を生み出す可能性があると注目されています。

例えば、イーサリアムはスマートコントラクトの活用が可能なことから、金融分野や不動産分野などの分野で活用されており、ソラナは、高速な処理速度を実現していることから、ゲームやエンターテインメント分野などの分野で活用されています。今後も、アルトコインの開発や普及が進むにつれて、新たな分野での活用が進んでいくと考えられ、社会の仕組みを大きく変える可能性も持っているといえるでしょう。

アルトコインの種類

アルトコインの種類について、解説します。

  • スマートコントラクト型
  • レイヤー2型
  • ステーブルコイン型
  • 匿名性型

アルトコインの種類①:スマートコントラクト型

スマートコントラクト型アルトコインは、スマートコントラクトを実行するためのプラットフォームとして開発されたもので、契約や取引を自動化したり、分散型アプリケーションを作成したりすることができるコインです。スマートコントラクトは、さまざまな分野で応用が期待されており、金融分野では契約の自動実行や、決済の効率化などが実現できます。スマートコントラクト型の代表コインは、下記です。

アルトコインの種類②:レイヤー2型

レイヤー2アルトコインは、ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーン上に構築された、スケーラビリティの向上を目的としたアルトコイン。スケーラビリティとは、システムが利用者やデータ量の増加に対応できる能力のことです。ビットコインやイーサリアムは、ブロックチェーンの仕組み上、一定時間ごとに一定量の取引しか処理できませんが、レイヤー2技術を活用することで、高速な取引処理や、低コストな取引が可能となるため、注目度の高いコインとなっています。レイヤー2型の代表コインは、下記です。

アルトコインの種類③:ステーブルコイン

ステーブルコインは、価格が安定するように設計されたコインのこと。ビットコインやイーサリアムなどの一般的なコインは、価値が大きく変動するため、ビジネスなどでの利用には不向きですが、ステーブルコインは、価値が安定しているため、ビジネスなどでの利用に適しており、価格変動が激しい暗号資産の決済手段としての実用性を高めています。ステーブルコイン型の代表コインは、下記です。

アルトコインの種類④:匿名性型

匿名性型は、送金者や受取人の身元や取引金額を隠す機能を備えた暗号通貨で、ユーザーの個人情報や金融プライバシーを保護することを目的にしているアルトコイン。匿名性の高い取引を可能にするメリットがありますが、しかし、その一方で、違法な目的で悪用される可能性があるという懸念も存在します。匿名性型の代表コインは、下記です。

アルトコインに投資する際の注意点3つ

アルトコインに投資する際には、以下のようなデメリットに注意する必要があります。

  • 価格変動リスク
  • 流動性の低さ
  • セキュリティの問題

アルトコインに投資する際の注意点①:価格変動リスク

アルトコインは、ビットコインなどと比べて価格が安定していない場合があり、注意が必要です。アルトコインは市場規模が小さく、アルトコインの開発や運営に関する不透明な情報が多いことなどが主な理由となっています。そのため、投資する際には、自分の資金力や目的に合わせて投資をおこなうこと、複数のコインに分散投資することが大切です。

アルトコインに投資する際の注意点②:流動性の低さ

アルトコインは、ビットコインなどと比べて流動性が低い場合があります。流動性とは、暗号通貨を売買できる市場の活発さや規模のことで、アルトコインの取引量が少ないため、流動性リスクが発生します。時価総額の大きいアルトコインの場合は、リスクが低いですが、時価総額の低いアルトコインには注意が必要といえるでしょう。

アルトコインに投資する際の注意点③:セキュリティの問題

ビットコインなどと比べてセキュリティが低い場合があるのも、特徴です。ハッキングやプロジェクトのコードのバグが発生すると、アルトコインの価格も大きく下落する可能性があるため、投資する際には、セキュリティリスクがある点も意識しておきましょう。

アルトコインの将来性に関するよくある質問

Q1:アルトコインは、投資対象として有望ですか?

Q2:アルトコインは、どのように活用されていくのですか?

まとめ:アルトコインの将来性に期待しよう

本記事では、アルトコインの将来性と種類について解説しました。アルトコインは、ビットコインと比べて価格変動リスクや流動性の低さ、セキュリティの問題などに注意する必要がありますが、スケーラビリティの向上やスマートコントラクト技術の活用など、将来性に期待が集まっている暗号通貨です。Web3が普及していくためには、アルトコインの開発も必要不可欠であると考えられているため、今後もアルトコインの将来性について注目していきましょう。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー