詳細を見る

アバランチ(AVAX) が上昇、1ヶ月ぶりの高値に到達

5 mins

ヘッドライン

  • AVAXは先月、新規需要と1日のアクティブアドレス数が増加した。
  • このトークンはクジラの活動も活発化しており、これらすべてが価格の上昇につながっている。
  • 現在のトレンドが維持されれば、トークンの次の価格ポイントは49ドル以上になるだろう。
  • promo

アバランチ(AVAX)の価格は22日、全体的な暗号通貨市場の上昇により、30日間の最高値まで上昇した。

報道時点で41.24ドルで取引されているアルトコインの価格は、この1ヶ月で7%上昇し、その間に一般市場で記録された成長を反映している。

アバランチ、需要急増

一般的な市場の上昇とは別に、市場参加者の間でAVAXの需要は先週急増している。

過去7日間で、毎日少なくとも1件のAVAX取引を完了したアドレスの数は36%増加した。同様に、レビュー期間中にAVAXを取引するために新たに作成されたアドレスの数は41%上昇した。

アバランチ日次アクティブアドレス
アバランチ・デイリーのアクティブ・アドレス|出典:IntoTheBlock

資産のデイリーアクティブアドレスの増加は、新規需要の急増と並んで、強い傾向を示唆しています。これは、既存のアバランチユーザーがアクティブであり、新規ユーザーがネットワークに参加していることを意味する。このような価格上昇と一致する場合、それは強気のシグナルであり、さらなる価格上昇の指標となります。

AVAXはまた、完了した大口取引の量も急増している。これはレビュー期間中にクジラの活動が活発化したことを示している。

関連記事:アバランチ(AVAX)価格予測 2024/2025/2030

規模別アバランチ取引件数:IntoTheBlock

10万ドルから100万ドルのAVAX取引数は、過去7日間で60%増加した。100万ドルから1,000万ドルの間のより大きな取引については、その数は同じウィンドウ期間中に129%急増している。

AVAX価格予測:買い手はさらなる利益を狙う

AVAXのチャイキン・マネー・フロー(CMF)は日足チャートで評価され、トークンの需要の伸びを確認した。AVAXのCMFは0.03のプラス値で、市場に流動性が着実に流入していることを示している。

AVAXのCMFは市場への資金の流入と流出を追跡する。CMFが0を上回ると、トークンの終値がその期間の平均価格を上回り、取引量も平均を上回ります。これは市場で買い手がより活発であることを示します。

さらに、AVAXのDMI(Directional Movement Index)は、短期的には強気の勢力が簡単には克服できない可能性を示唆した。報道時点では、トークンの正の方向性指数(青)は負の方向性指数(赤)を上回っている。

これらの線がこのような位置にある場合、上昇トレンド( )が下方修正の可能性よりも強いことを示唆している。

アバランチ分析
アバランチ分析|出典:トレーディングビュー

需要が引き続き増加し、強気派が市場の支配権を保持する場合、AVAXの価格は41ドルを超えて49.93ドルで手を交換するために上昇する可能性があります。

関連記事:【2023年版】アバランチウォレット9選

アバランチ価格分析
アバランチ分析:トレーディングビュー

しかし、利益確定の動きが始まり、ベアが再び出現し始めた場合、AVAXの価値は$ 40を下回り、$ 39.30で取引される可能性があります。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

untitled-1.png
Abiodun Oladokun
アビオドゥン・オラドクンはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、同氏は分散型金融(DeFi)、リアルワールドアセット(RWA)、人工知能(AI)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、レイヤー2、ミームコインなど、さまざまな分野の暗号通貨のマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はAMBCryptoで、Messari、Santiment、DefiLlama、Duneなどのオンチェーン分析プラットフォームを活用し、様々なアルトコインの市場分析と技術的評価を行った。さらに、SixthSense DAOのリサーチアナリストとして、盗まれた資産の履歴を追跡するブロックチェーン・フォレンジック・ツールを開発した。同氏はイバダダン大学で法学部の学位を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー