Bitcoin btc
$ usd

バンダイナムコ研究所・中谷始氏、NFTプロジェクト「OASYX series2:RYUZO(龍造)」に参画

3 mins

NFT/ブロックチェーンゲーム開発を行うdouble jump.tokyoは29日、NFTプロジェクト“OASYX”のシリーズの第2弾タイトル「OASYX series2:RYUZO(龍造)」で、バンダイナムコ研究所とコラボレーションを開始した。アドバイザーにはオアシス(OAS)のアドバイザー務める著名ゲームクリエイター中谷始氏が監修する。

OASYX series2:RYUZOは、合計1万体が発行されるAI技術を用いた育成型のNFTプロジェクト。ユーザーは「MARYU」(卵に相当)を手に入れ、「RYU」へ孵化が可能。孵化をすることによりRYUはSBT(ソウル・バウンド・トークン)と呼ばれる、他のユーザーへの譲渡不可能なNFTへと成長する。「RYU」は育成を通して、第5世代まで新しいMARYUを生み出すことが可能だ。RYUの孵化は29日より開始しており、育成機能は7月末にリリースされる。

RYUはバンダイナムコ研究所および、AIや人工生命を研究するアトラクチャーが共同開発したAI技術を用いて育成される。なお、MARYUはオアシスのHub Layerにて発行され、育成時にはオアシスVerse Layerへブリッジする必要がある。

OASYXは、オアシスチェーン上で展開されるゲーマーのためのNFTプロジェクトで、オアシスが公式にIPを提供する。シリーズ毎に異なるゲームクリエイターを起用し、国内外の様々なNFTプロジェクトとのコラボレーションも企画している。シリーズ第一弾では約5万名がキャンペーンに参加していた。

監修を務める中谷氏はこれまで人気ゲーム「鉄拳」や「太鼓の達人」などを手掛けており、バンダイナムコ研究所・オアシスアドバイザーを務める。

免責事項

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame_2328.jpg
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。...
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー