詳細を見る

イーサリアムL2のBase、「base.eth」へドメイン移行か|記念NFT配布

3 mins

コインベースが開発を進めるイーサリアムL2「Base(ベース)」は6日、「base.eth」へのドメイン移行の可能性についてTwitterで言及した。

ベースのドメインはもともと「base.org」だったが、ENS(イーサリアム・ネーム・サービス)から取得されたオンチェーン・ドメイン「base.eth」の匿名寄附が行われたことによる。

ベースは今回、匿名の寄附者から送付されたEメールを記念としてNFT化し、配布している。記念NFT「base.org → base.eth」は1アドレスにつき1個、NFT作成販売ツール「Zora.io」で無料ミント可能。期間は13日10時までとなっており、記事執筆時点で5,820点がミントされている。

コインベースは2月にベースの開発発表を行い、記念NFT「Base, Introduced」を無料配布していた。ベース・ブロックチェーンでは新たなネットワークトークンは発行されず、イーサリアム(ETH)をネイティブトークンとして使用する予定だ。

ENS(イーサリアム・ネーム・サービス)とは:
イーサリアム・ネーム・サービスは、「0×」で始まる複雑なイーサリアムアドレスを簡略化するサービス。「beincrypto.eth」のように識別可能なわかりやすい文字列にすることで、誤送金を防ぐメリットがある。資金の送受信が簡単になるだけでなく、コミュニティのユーザーネームとしても普及している。ENSはWeb3におけるDNS(ドメイン・ネーム・システム)とされ、ユーザーのイーサリアムアドレスだけでなくIPアドレスにも対応する。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー