詳細を見る

米バイデン政権がCoinbaseを提訴=暗号資産寄付にはCoinbaseが必要との矛盾も

7 mins

ヘッドライン

  • バイデン氏の選挙キャンペーンは、Coinbaseに対してSECの訴訟が続いているにもかかわらず、Coinbase経由で暗号資産による寄付を求めている。
  • 暗号資産による寄付と法的措置に対する矛盾したスタンスは、暗号資産コミュニティ内で懐疑的な見方を生んでいる。
  • バイデンの支援活動は、業界への支持を示すことを目的としているが、過去の不利な政策による批判に直面している。
  • promo

最近の報道で、ジョー・バイデン米大統領の選挙チームが暗号資産による寄付を受け入れる可能性について業界関係者と協議していることが明らかになった。

暗号資産コミュニティへのアピールを目的としたこの取り組みの結果は、11月に行われる次期大統領選の見通しに影響を与える可能性がある。

バイデン氏の暗号資産キャンペーン、コミュニティの懐疑に直面

バイデン氏の選挙チームは、コインベースのコマース・プラットフォームを通じて暗号資産による寄付を受け付ける予定だと報じられている。この件に詳しい情報筋は、チームは暗号資産関連の問題に注力していると述べた。また、業界への支持を示すため、迅速な解決策を模索している。

「彼らは自分たちが敵ではないことを示そうとしている」と情報筋は語った。

関連記事:ふるさと納税NFTを活用した事例紹介と注意点

証券取引委員会(SEC)が昨年コインベースを訴えたことを考えると、この展開は特に興味深い。2023年6月初旬、SECはCoinbaseが2019年以降、無登録ブローカーとして活動しているとして訴えた。さらに同委員会は、コインベースが特定の暗号資産に対してステーキング・プログラムと未登録の取引サービスを提供し、証券規則に違反しているとして訴えた。

この動きは、バイデン大統領による別の暗号資産関連のキャンペーンに続くものだ。BeInCryptoによると、バイデン氏は再選キャンペーンの一環として、5月下旬から暗号資産業界関係者との交流を開始した。同氏は、”暗号資産コミュニティと今後の政策 “を理解することを目的としていた。

選挙チームは、暗号資産が大統領選挙に影響を与える可能性を認識し、5月中旬から支援活動を開始した。再選挙チームは、これまでバイデン氏が距離を置いていた暗号資産も含め、複数の暗号資産専門家と接触した。

しかし、こうした努力は暗号資産コミュニティからの支持を集めるには不十分なようだ。Castle Island Venturesのパートナー、ニック・カーター氏は懐疑的な見方を示した。同氏は、バイデン政権が暗号資産業界に対していくつかの好ましくない政策や執行を行ってきたと指摘した。

カーター氏によると、これらの行動には、銀行を “いじめ “て暗号資産の顧客をやめさせたり、主要な暗号資産取引所に対して法的措置をとったりすることが含まれるという。さらに同氏は、政権によるビットコインのマイナーへの「嫌がらせ」や、多くの高品質プロジェクトやステーブルコインを海外に押しやっていることを強調した。

カーターの不満のリストは続いた。同氏は、政権が証券法を明確化することを拒否する一方で、証券法を場当たり的に施行し、DeFiを事実上米国で違法とし、DAOに参加する法的リスクを作り出していることを指摘した。

“そして彼らは、我々が選挙運動に暗号資産を寄付すると考えるような厚かましさを持っているのか?”同氏はこう書いている。

実際、バイデン政権は長い間、暗号資産に対して厳格なアプローチを維持してきたことで知られている。しかし先月から、政権は軟化した姿勢を示している。暗号資産に焦点を当てたいくつかの法案の可決や、イーサリアム(ETH)のスポット型上場投資信託(ETF)の突然の承認などである。

暗号資産に対するバイデンのスタンスの変化は、11月の大統領選挙に立候補しているドナルド・トランプ前大統領との競争によるものだと多くの人が考えている。バイデン氏とは対照的に、トランプ氏は暗号資産に友好的な姿勢を示している。

例えば、トランプは暗号資産の自粛を支持し、シルクロードのロス・ウルブリヒト受刑者の恩赦を約束した。同氏は公式に暗号通貨での寄付を受け入れており、Coinbase Commerceのサービスも利用している。

関連記事:暗号通貨プロジェクトをサポートするベストWeb3マーケティング代理店6社

2024年米大統領選勝利の可能性。
2024年の選挙でアメリカ大統領候補が勝利する可能性:Polymarket

予測市場プラットフォームPolymarketのオッズによると、今年の大統領選挙でトランプ氏が勝利する確率は56%でリードしており、バイデン氏は35%にとどまっている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー