詳細を見る

トランプ前米大統領が暗号資産にコミット、自己所有権を約束

5 mins

ヘッドライン

  • ドナルド・トランプ前米大統領は、暗号通貨業界への支持を再確認した。
  • トランプ大統領は、暗号資産利用者の自己保管権を保護し、CBDCの創設を阻止すると約束した。
  • 同氏はまた、ダークネット市場「シルクロード」の創設者であるロス・ウルブリヒトの赦免も約束した。
  • promo

ドナルド・トランプ前米大統領は26日、暗号通貨業界への支持を再確認し、その成長に強いコミットメントを表明した。

トランプ前大統領は25日、11月の大統領選を前に、暗号資産に前向きな発言をいくつか行った。

暗号資産業界に対するドナルド・トランプの最新の公約

トランプ氏は暗号通貨業界を強く支持し、米国はこの成長分野で世界のリーダーになるよう努力しなければならないと強調した。

「私は暗号通貨企業や、この新しく急成長している産業に関連するあらゆることに非常に前向きでオープンマインドだ。わが国はこの分野のリーダーにならなければならない。二番手はない」とトランプは述べた

同氏はさらに、暗号資産を抑圧しようとしていると非難したジョー・バイデン大統領と自身の姿勢を対比させた。「そんなことは絶対にない」とトランプ氏は断言した。その後、ワシントンで開催されたリバタリアン党の全国大会で、トランプ氏は暗号資産を自己保管する権利を守り、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の創設を阻止すると出席者に語った。

「私は自己保管の権利を支持する。全米の5,000万人の暗号資産保有者に対して、私はこう言う:エリザベス・ウォーレンとそのチンピラをビットコインから遠ざけ、中央銀行デジタル通貨の創設を決して許さない」とトランプは付け加えた

関連記事:暗号資産規制:メリットとデメリットは?

驚くべきことに、前大統領は再選された場合、ロス・ウルブリヒトを恩赦すると約束した。2015年、裁判所はウルブリヒトに対し、主に麻薬取引に使われたダークネット市場「シルクロード」を創設・運営したとして、2年連続の終身刑+40年の判決を下した。しかし、暗号資産コミュニティの多くは、ウルブリヒトの判決は政府の行き過ぎだと主張している。

「もし私に投票していただければ、初日にロス・ウルブリヒトの刑を減刑し、服役させます。同氏はすでに11年間服役しており、我々は彼を家に帰すつもりだ」とトランプは約束した。

一方、トランプ氏の暗号資産支持の姿勢は、選挙の見通しを高めているようだ。暗号資産ベースの人気予測プラットフォームであるPolymarketによると、ドナルド・トランプの当選確率は56%であるのに対し、バイデンのそれは38%である。

米大統領選、トランプVSバイデンの勝算。
トランプvsバイデン 米大統領選勝利の可能性 出典:ポリマーケット

トランプ氏の可能性は、一連の暗号資産支持の行動や発言を受けて、過去数カ月で大幅に上昇した。特に、彼のキャンペーンは、ビットコインを含む様々なデジタル資産での暗号資産寄付の受付を開始し、それを行う最初の主要候補となった。

続きを読むギビングブロックを使って暗号資産を寄付する方法

これを受けて、バイデン政権は暗号資産へのアプローチを顕著に変化させている。ホワイトハウスは、効果的な暗号資産規制について議会と協力することに関心を示している。さらに、暗号資産に懐疑的な証券取引委員会(SEC)はイーサリアムETFを承認し、重要な政策転換を示した。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー