詳細を見る

バイナンス、AIレイヤー2トークンに投資、取引ペアの上場廃止、CRVサポートを可能に

5 mins

ヘッドライン

  • バイナンス・ラボは、知識ゼロのロールアップを通じてセキュリティを強化するAI統合レイヤー2ネットワークのZircuitに投資する。
  • バイナンスは流動性の低さを理由に、ALPACA/BTCやQUICK/BTCなど複数の取引ペアを2024年6月14日付で上場廃止にする。
  • バイナンスはアービトラムワンとオプティミズムのネットワークでカーブ(CRV)のサポートを可能にし、流動性とユーザーエンゲージメントを強化。
  • promo

Binanceのベンチャーキャピタル部門であるBinance Labsは12日、レイヤー2ネットワークのZircuitに戦略的投資を行った。Zircuitはゼロ知識ロールアップと人工知能(AI)を統合してセキュリティを強化し、スマートコントラクトの脆弱性や悪意のある脅威からユーザーを保護することを目指している。

しかし、Binance Labsは金額やその他の投資条件を明らかにしていない。

暗号資産コミュニティがZircuitのエアドロップを期待

Zircuitのアーキテクチャは、確立されたロールアップフレームワークとゼロ知識証明を融合させている。この結果、イーサリアム仮想マシン(EVM)と完全な互換性を保つ高速で低コストのソリューションが実現したとしている。

「Zircuitはシーケンサーレベルのセキュリティを統合することで、より安全なL2ソリューションを提供しています。

関連記事:レイヤー2ブロックチェーンの特徴と代表的コインについて解説

実際、暗号資産ハッカーは主にイーサリアム・ブロックチェーンに攻撃を集中している。Immunefiのレポートによると、2024年5月中、イーサリアムとBNBチェーンが最も頻繁に攻撃されたネットワークであり、総金銭的損失の62%を占めた。イーサリアムは9件のセキュリティ侵害を経験し、全ネットワークで発生した被害総額の43%を占めた。

「Zircuitの共同創設者であるDr. Martin Derkaは、「私たちは深い技術的基盤の上にイノベーションを起こし、次の10億人のユーザーのためにイーサリアムをより安全なものにしています。

Zircuitは今夏のメインネット立ち上げに向け、33億ドル以上のステーク資産を誇っている。その “Build to Earn “プログラムは1,100人以上の参加者を集めている。

それゆえ、コミュニティはメインネットのローンチ後、アーリーアダプターに報酬を与えるためのエアドロップの可能性を期待し、賑わいを見せている。

「Zircuitは次の大きなエアドロップになるかもしれない。Zircuitはほとんどの人にとってまだ注目されていませんが、暗号資産クジラたちは(静かに)PendleやFluid、その他のプロトコルでZircuitを養殖しています

Zircuit トータルバリューロック
Zircuitの総価値はロックされている:デフィラマ

さらに、バイナンスは取引業務を更新した。定期的な評価の結果、ALPACA/BTCとQUICK/BTCを含むいくつかの取引ペアは、流動性と取引量が低いため、上場廃止となった。

これらの変更は2024年6月14日03:00UTCから有効となり、質の高い取引市場を維持することを目的としています。上場廃止にもかかわらず、ユーザーはバイナンスでこれらのペアの基本取引と他の利用可能なペアのクォート資産の取引を継続することができます。

関連記事:【2024年版】最大手バイナンスは本当にオススメの暗号資産取引所なのかを検証

さらに、BinanceはArbitrum OneとOptimismネットワーク上でCurve (CRV)の統合を完了しました。CRVの入出金が可能になり、これらのネットワークでの流動性とユーザーエンゲージメントを高めることが期待されている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー