詳細を見る

レイヤー2ブロックチェーンの特徴と代表的コインについて解説

14 mins

ヘッドライン

  • レイヤー2ブロックチェーンとは、トランザクションやスマートコントラクトの処理をオフチェーン(ブロックチェーンの外部)で行うことで、トランザクション処理の効率を向上させるブロックチェーン
  • レイヤー 2ブロックチェーン間との相互運用、独自のトークン発行といった特徴がある
  • レイヤー 2ブロックチェーンが連携することで、ブロックチェーンの普及や発展に貢献することが期待されている

ブロックチェーンを使うことでデータの改ざんや不正を防ぐことができますが、その一方で、スケーラビリティ問題やセキュリティ問題などの課題も指摘されています。これらの課題を解決するために開発された技術が、レイヤー2ブロックチェーンです。

そこで本記事では、レイヤー2ブロックチェーンの特徴と代表的コインについて解説します。レイヤー2ブロックチェーンに興味がある人、これからレイヤー2系のコインに投資をしたい人、はぜひ最後までご覧ください。

レイヤー 2ブロックチェーンとは?

レイヤー2ブロックチェーンとは、ブロックチェーンの基本層(レイヤー1)とは別に機能し、トランザクションやスマートコントラクトの処理をオフチェーン(ブロックチェーンの外部)で行うことで、トランザクション処理のスピードと効率を向上させる目的で開発されたブロックチェーンです。

ブロックチェーンは多くのメリットを備えていますが、その一方で、スケーラビリティ問題やセキュリティ問題などの課題も指摘されています。レイヤー2ブロックチェーンは、これらの課題を解決するために開発された技術であり、ブロックチェーンの普及と発展に欠かせない技術であり、業界の進展には欠かせないものといえるでしょう。

レイヤー 2ブロックチェーンの特徴3つ

Polygon (MATIC)

レイヤー 2ブロックチェーンの特徴3つについて解説します。

  • レイヤー 1ブロックチェーンとの互換性
  • レイヤー 2ブロックチェーン間の相互運用性
  • レイヤー 2ブロックチェーン独自のトークン

レイヤー 2の特徴①:レイヤー 1ブロックチェーンとの互換性

レイヤー2ブロックチェーンでは、オフチェーンでトランザクションを実行し、最終的な結果や証明をレイヤー1ブロックチェーンに送信します。これにより、レイヤー1ブロックチェーンのセキュリティやエコシステムを活用しながら、高速で低コストなトランザクションを提供できています。また、レイヤー1ブロックチェーンのスマートコントラクトと互換性がある場合が多く、既存のアプリケーションやプロジェクトの移行が容易という特徴をもっています。

レイヤー 2の特徴②:レイヤー2ブロックチェーン間の相互運用性

レイヤー2ブロックチェーンは、異なる種類のレイヤー2ブロックチェーン間で相互運用性を持つ場合があります。相互運用性とは、異なるシステムやプラットフォーム間でデータや資産をやり取りできることを指し、相互運用性があれば、ユーザーやサービスの選択肢が広がるという特徴があるため、その仕組みに注目が集まっています。

レイヤー 2の特徴③:レイヤー 2ブロックチェーン独自のトークン

レイヤー 2ブロックチェーンは、独自のトークンを発行する場合があり、レイヤー 2ブロックチェーンのガバナンスやステーキングに使用されることが多く、ブロックチェーンの発展に貢献します。例えば、ポリゴン 、オプティズム 、アービトラムなどは、それぞれMATICトークンOPTトークンARBトークンを発行しています。一方で、独自トークンを発行しないレイヤー 2ブロックチェーンもあります。

レイヤー 2ブロックチェーンの代表的コイン

レイヤー 2ブロックチェーンの代表的コインについて解説します。

  • ポリゴン (MATIC)
  • オプティズム (OPT)
  • アービトラム(ARB)

レイヤー 2の代表的コイン①:ポリゴン (MATIC)

ポリゴン は、以前はマティックとして知られていましたが、2021年2月にリブランドされました。ポリゴンは、イーサリアムベースのスケーリングソリューションで、ブロックチェーンの拡張性問題を解決することに焦点を当てており、イーサリアム上で高速で安価なトランザクションを可能にしているのが大きな特徴です。

レイヤー 2の代表的コイン②:オプティズム (OPT)

オプティズムも、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発されたレイヤー2ブロックチェーンです。ロールアップ方式を採用しており、トランザクションをオフチェーンでまとめて処理することで、レイヤー1のトランザクション処理の負荷を軽減させているのが特徴です。

レイヤー 2の代表的コイン③:アービトラム(ARB)

アービトラムも、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために開発されたレイヤー2ブロックチェーンです。ロールアップ方式を採用しており、トランザクションをオフチェーンでまとめて処理することで、レイヤー1のトランザクション処理の負荷を軽減します。

アービトラムは、ポリゴンやオプティズムとは異なり、イーサリアムのブロックチェーンと完全に分離されたブロックチェーンであるため、イーサリアムのブロックチェーンとの互換性はありませんが、より高いスケーラビリティとセキュリティを実現することができるのが特徴となっています。

レイヤー 2ブロックチェーンの注意点

Cours Bitcoin

レイヤー 2ブロックチェーンの注意点を解説します。

  • セキュリティと信頼性の確保
  • オフチェーンでのトランザクション遅延

レイヤー 2ブロックチェーンの注意点①:セキュリティと信頼性の確保

レイヤー2ブロックチェーンの利用に際して最も重要な注意点は、セキュリティと信頼性の確保です。オフチェーンでの取引処理は速く効率的ですが、そのセキュリティはメインチェーンよりも脆弱性を抱える可能性があります。高度な暗号技術の採用が必要で、十分なセキュリティ対策を講じることが重要で、大きな課題にもなっています。

レイヤー 2ブロックチェーンの注意点②:オフチェーンでのトランザクション遅延

レイヤー2ブロックチェーンはオフチェーンでの取引処理を行いますが、これらのトランザクションがメインチェーン上で確定されるまでに時間がかかることがあります。この遅延は、特に一部の用途においては制約要因となる可能性があるため、取引の際には、その遅延に注意が大切です。

レイヤー 2ブロックチェーンに関するよくある質問

Q1:レイヤー2ブロックチェーンは、レイヤー1ブロックチェーンのすべての問題を解決できますか?

Q2:レイヤー2ブロックチェーンは、既存のブロックチェーンとどのように連携しますか?

まとめ:レイヤー 2ブロックチェーンは、ロックチェーンの課題であるスケーラビリティやコストを解決する

本記事では、レイヤー 2ブロックチェーンの特徴と代表的コインについて解説しました。レイヤー 2ブロックチェーンは、ブロックチェーンの課題であるスケーラビリティやコストを解決するために開発された技術であり、トランザクション処理のスピードや効率の向上を目的としたブロックチェーンです。

代表的なコインとして、ポリゴン (MATIC)、オプティズム (OPT)、アービトラム(ARB)があり、レイヤー 2ブロックチェーンが連携することで、ブロックチェーンの普及や発展に貢献することが期待されています。今後もブロックチェーン業界全体の動きに、注目していきましょう。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー