詳細を見る

イーサリアム仮想マシン(EVM)とは?特徴や仕組みについてわかりやすく解説

18 mins

ヘッドライン

  • EVMはスマートコントラクトとDApps開発の重要な役割を果たします。
  • 複数のプログラム言語をサポートし、開発の柔軟性とプラットフォーム互換性を向上させます。
  • Ethereum 2.0とZkEVMなどの未来技術でスケーラビリティとセキュリティが強化されています。

イーサリアム仮想マシン(EVM)は、ブロックチェーン技術の基盤として広く利用されている重要なコンポーネントです。EVMは、スマートコントラクトの作成と実行を可能にし、分散型アプリケーション(DApps)の開発を支えています。その革新的な仕組みにより、開発者は信頼性の高い取引や自動化された契約を実現することができます。今回は、EVMの特徴や仕組みについて、初心者にもわかりやすく解説します

EVMの基本概念と役割

イーサリアム仮想マシン(Ethereum Virtual Machine、EVM)は、イーサリアム・ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行するためのソフトウェア環境です。EVMは、イーサリアムネットワーク上のすべてのトランザクションと操作を処理する役割を担っています。これにより、分散型アプリケーション(DApps)の開発が可能になります。

関連記事:スマートコントラクトとは?特徴や活用事例をわかりやすく解説

EVMは、イーサリアムのブロックチェーン技術の中心的な要素であり、スマートコントラクトの実行を可能にします。スマートコントラクトは、事前に定義された条件に基づいて自動的に実行されるプログラムで、契約や取引を自動化する役割を果たします。これにより、中央集権的な仲介者を排除し、取引の透明性と効率性を向上させます。

ビットコインなどのブロックチェーンは、一般に「分散台帳」として説明されます。これは、取引の記録を維持するもので、誰がどのような操作を行えるかを制限する一連のルールに従います。イーサリアムは、これに加えて、スマートコントラクトを実行するための分散型ステートマシンとして機能します。EVMは、イーサリアムの状態遷移関数を定義し、各ブロックごとに新しい有効状態を計算します。

  • 状態遷移関数とは、システムがある状態から別の状態へ移行する際のルールやプロセスを定義する関数です。ブロックチェーンの文脈では、状態遷移関数は各ブロックの追加によってネットワーク全体の状態がどのように変化するかを決定します。イーサリアムでは、EVMが状態遷移関数を用いてスマートコントラクトの実行結果を反映し、各トランザクションがブロックチェーン上のアカウントのバランスやデータをどう変更するかを決めます。

EVMの特徴

スマートコントラクトの実行環境

EVMは、スマートコントラクトを実行するための安全で効率的な環境を提供します。スマートコントラクトは、Solidityなどのプログラミング言語で記述され、そのプログラムされたコードはEVM上で実行されます。これにより、契約の条件が満たされたときに自動的に実行される一連の指示が提供されます。

プログラム言語のサポートと互換性

EVMは、複数のプログラミング言語をサポートしており、開発者は自分の選んだ言語でスマートコントラクトを作成できます。特にSolidityが広く使用されています。また、EVM互換のブロックチェーンは、イーサリアムのスマートコントラクトを他のブロックチェーンでも実行可能にします。これにより、開発者は同じコードを複数のプラットフォームで再利用することができ、開発効率が向上します。

セキュリティと信頼性

EVMは、コードの実行を保証します。これは、どこで実行されても、誰が実行しても同じ結果が得られることを意味します。この特性により、ネットワーク全体の信頼性と整合性が保たれます。また、EVMはコードを隔離された環境で実行するため、セキュリティが強化されます。これにより、スマートコントラクトが他のシステムからの干渉を受けることなく、安全に実行されます。

EVMの仕組み

出典:Ethereum.org

スマートコントラクトは、まず高水準言語(例えばSolidity)で書かれ、その後EVMが理解できるバイトコードにコンパイルされます。バイトコードとは、コンピュータが直接理解できる形式のコードです。EVMは、このバイトコードを実行して、ブロックチェーン上の状態を管理します。

EVMはまた、他のコンピュータのオペレーティングシステムから分離されるように設計されています。これにより、セキュリティが強化され、ネットワークが攻撃から保護されます。

トランザクションの処理とガス料金

EVMは、トランザクションを処理する際にガス料金を計算します。ガス料金は、計算リソースの消費量に基づいて決定され、ネットワークのスパム防止とリソースの効率的な配分を目的としています。ユーザーは、トランザクションを実行するために必要なガス料金を支払う必要があります。ガス料金は、スマートコントラクトの複雑さやネットワークの混雑具合によって変動します。

EVMのオペコードとスタック操作

EVMは、データを「スタック」と呼ばれる特定の構造で管理するコンピュータの一種であるスタックマシンとして動作します。EVMは1024項目のスタックを使用して計算を行います。スタックの各項目は256ビットの単語(データの単位)で、これは暗号技術に適したサイズです。

EVMはスマートコントラクトのバイトコードを実行します。これをEVMはオペコードとして実行します。オペコードとは、具体的な命令コードのことで、EVMはこれを使って計算や操作を行います。例えば、基本的な加算や減算のほか、ブロックチェーン特有のアドレス取得や残高確認などの操作も含まれます。さらに、EVMはこれらの操作を行う際に、一時的なメモリを使用します。

EVMのユースケースと応用例

Coinbaseのリステイク、リステイク
分散型アプリケーション(DApps)の開発

EVMは、DAppsの開発において重要な役割を果たします。DAppsは、スマートコントラクトを基盤にして構築されており、イーサリアムネットワーク上で動作します。これにより、ユーザーは分DeFiやNFTマーケットプレイスなど、さまざまな分野でDAppsを利用できます。例えば、分散型取引所(DEX)や予測市場などのDAppsは、EVMを活用して安全かつ効率的に運営されています。

DeFiプロジェクトでの活用

EVMは、DeFiプロジェクトでも広く活用されています。AaveやCompoundなどのプラットフォームは、スマートコントラクトを利用して貸付などの機能を提供しています。これにより、ユーザーは中央集権的な機関を介さずに、直接資産を貸し借りすることができます。さらに、UniswapなどのDEXも、EVM上で動作し、ユーザーが暗号資産を自由に取引できる環境を提供しています。

NFTマーケットプレイスの基盤

EVMは、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスの基盤としても機能します。OpenSeaやRaribleなどのプラットフォームは、EVM上で動作し、ユーザーがNFTを作成、取引することを可能にしています。これにより、アーティストやクリエイターは、自分の作品をブロックチェーン上で販売し、収益を得ることができます。さらに、NFTを活用したゲームやメタバースプロジェクトも、EVMの技術を利用して開発されています。

EVMの将来展望と進化

イーサリアムのネットワーク活動, ETH
イーサリアム2.0とZkEVMの台頭

イーサリアム2.0への移行により、EVMも進化を続けています。特に、ZkEVM(Zero-Knowledge Ethereum Virtual Machine)は、セキュリティとスケーラビリティを強化する技術として注目されています。ZkEVMは、ゼロ知識証明(ZK-Proof)を利用してトランザクションの正確性を証明し、効率的な計算を実現します。この技術により、イーサリアムネットワークのパフォーマンスが大幅に向上し、より多くのユーザーと取引を処理できるようになります。

関連記事:Web3業界で注目のブロックチェーン技術「ゼロ知識証明」とは?

他のブロックチェーンプラットフォームとの連携
出典:DeFiLlama

EVM互換性は、他のブロックチェーンプラットフォームとの連携を容易にします。これにより、マルチチェーン環境でのDAppsの開発と展開が可能になり、ブロックチェーン技術の普及が促進されます。例えば、PolygonやAvalancheなどのプラットフォームもEVMを採用しており、イーサリアムとの互換性を持っています。これにより、開発者は異なるブロックチェーン上で同じスマートコントラクトを実行でき、より多様なユーザーにサービスを提供できます。

今後の技術革新と期待される進化

EVMは、今後も技術革新を続けると期待されています。特に、Ethereumのスマートコントラクトを実行するために設計された特定のWebAssembly(WASM)実装であるeWASM(Ethereum-flavored WebAssembly)などの新しい実装により、スマートコントラクトの実行速度と効率が向上する可能性があります。eWASMは、EVMと同様の機能を提供しながら、より多くのプログラミング言語をサポートします。これにより、開発者は柔軟にスマートコントラクトを作成でき、イーサリアムネットワーク全体のパフォーマンスが向上します。

ヴィタリック・ブテリン氏のZkEVMへの注目

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏も、ZkEVMの技術に注目しています。同氏は、ZkEVMがイーサリアムネットワークのスケーラビリティとセキュリティを大幅に向上させると考えており、その実現に向けて多くのリソースを投入しています。ZkEVMの発展により、イーサリアムはさらなる成長と普及が期待されています。

ブテリン氏のZK-EVM提案のコア要素

ブテリン氏は、ZK-EVMの実現に向けていくつかの重要な要素を提案しています。これには、Ethereumブロックの検証を行うための内部ZK-EVMの導入や、データの可用性監査可能性を確保することが含まれます。この提案により、EthereumのLayer-2プロトコルがより効率的かつ安全に運用されることが期待されています。

zkEVMとマルチプローバの詳細

zkEVMは、ゼロ知識証明を活用してトランザクションの検証を行う技術です。特に、マルチプローバ(複数の証明者)を使用することで、各トランザクションが複数の独立した証明者によって検証されるため、セキュリティと信頼性がさらに強化されます。

ブテリン氏のレイヤー2プロトコルへの対応

ブテリン氏は、レイヤー2プロトコルの重要性にも注目しています。レイヤー2プロトコルは、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するための手段であり、取引手数料の削減とトランザクション速度の向上を目指しています。これにより、より多くのユーザーがイーサリアムネットワークを利用できるようになり、ブロックチェーン技術の普及が促進されます。レイヤー2プロトコルでは近年ZkEVMが多く採用されています。

まとめ:EVMの重要性と未来

EVMは、イーサリアムブロックチェーンの中核技術として、その重要性をますます高めています。スマートコントラクトの実行環境として、EVMは分散型アプリケーションの開発と運用を支え、ブロックチェーン技術の未来を切り拓いています。今後も、技術の進化とともに、EVMの役割はますます重要になるでしょう。これにより、より多くのユーザーと開発者がブロックチェーン技術を活用し、新たな革新を生み出すことが期待されます。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー