詳細を見る

2万5000BTCを失ったビットコイン開発者

5 mins

ヘッドライン

  • 初期のビットコインのマイナーであり、2010年にPayPalとの取引用にBitcoin Expressを立ち上げた。
  • 同氏は2011年にセキュリティの甘さから2万5000BTCを失ったが、これは現在では16億ドル相当の盗難である。
  • 彼の話は、暗号資産の秘密鍵をオフラインで保護することの重要性を強調している。
  • promo

ALLINVAINの初期のビットコイン時代は、暗号通貨市場の可能性と内在するリスクを浮き彫りにしている。

ビットコインの初期導入者であり、ビットコインの成長に大きく貢献した彼の経験は、セキュリティ対策の極めて重要な必要性を反映している。彼の体験談は、初期のビットコインユーザーが直面した脆弱性を思い起こさせるものである。

ビットコイン開発者、2万5000BTCを失う

ビットコインの初期、暗号通貨が0.05ドル未満で取引されていた頃、ALLINVAINとして知られる開発者がビットコインの採掘と取引を行っていた。同氏は2010年までに、最初のビットコイン取引所のひとつであるBitcoin Expressを立ち上げ、ユーザーがPayPalでビットコインを購入できるようにした。

初期の取引では、1,000BTCをわずか5ドルで販売していた。当時、同氏はノートパソコンで毎日約1,200BTCを採掘していた。しかし、2011年、より多くの人々がネットワークに参加し、採掘難易度が劇的に上昇したため、ビットコインの採掘のシンプルさは変化した。

「まるで、すべての人、その母親、父親、いとこ、そして彼らの犬がマイニングを始めたかのようです」とALLINVAINは語った。

関連記事:暗号資産マイニングは稼げるのか

ビットコイン・マイニングの難易度
ビットコインの採掘難易度:ガルスノード

ビットコイン経済を支えるため、同氏はコーヒーカードを買いたいカナダのユーザーの購入代行など、ビットコインで実際の商品を売買し始めた。ビットコイン経済への献身により、同氏は25,000BTC以上を貯め、「ビットコインクジラ」の地位を得た。

2011年初頭、ビットコインの価値は30ドルまで急上昇し、最初の大きなバブルとなった。ALLINVAINの保有資産は当時約50万ドルに達していた。しかし、2011年6月13日、同氏の暗号資産ウォレットから無断で2万5,000BTCの取引が行われたことが発覚し、同氏の財産は悲惨な状況に陥った。

「今日は完全に打ちのめされています。目が覚めたら、ビットコインの残高のとても大きな塊がなくなっていました。ウォレットファイルがHD上で暗号化されてさえいれば。ウィンドウズではない別のコンピューターに移さなかった私の責任だと感じています」と同氏は書いている。

この窃盗は現在、約16億ドルの価値がある。同氏は、暗号化されていないウォレットファイルが、おそらくマイニングソフトを装ったトロイの木馬ウイルスによって侵害されたことを指摘し、セキュリティの怠慢を認めた。

この盗難のニュースは瞬く間に世界中に広まり、フォーブスはこれを初の大規模なビットコイン盗難事件と報道した。陰謀説が飛び交い、ALLINVAINが盗難を自作自演したと推測する者もいた。しかし、同氏は自分の責任であることを認め、セキュリティの不備のせいにした。

損失にもかかわらず、ALLINVAINはビットコインコミュニティで活動を続け、最終的にはホスティングマイニングビジネスを開始し、保有資産を回復させた。彼の経験は、秘密鍵をオフラインで保護し、個人的なセキュリティ・プロトコルを維持することの必要性をビットコイン・ユーザーに思い起こさせるものである。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー