詳細を見る

ビットコインが6万8000ドルを割り込み、ETFは19取引日ぶりにマイナスフロー

4 mins

ヘッドライン

  • ビットコインは67,900ドルまで下落、月曜日のピーク71,200ドルから3.3%の下落。
  • ビットコインETFが6,490万ドルの純流出を記録、19日ぶりのマイナス流入。
  • 清算額は1億100万ドルで、うち9400万ドルがロング・ポジションによるものである。
  • promo

ビットコインの価格は11日、6万7,900ドルまで急落した。10日のピークである約7万1,200ドルから3.3%以上の下落を示した。

この下落は、ビットコイン上場投資信託(ETF)内の資金の流れが大きく変化したことと重なり、19日連続のプラス流入の後、マイナス流入に転じた。

ビットコインの価格下落で1億ドル以上の清算が発生

Farside Investorsのデータによると、Fidelity Wise Origin Bitcoin Fund(FBTC)は300万ドルの流出を報告した。同様に、Invesco Galaxy Bitcoin ETF (BTCO)は2050万ドルの流出を、Valkyrie Bitcoin Fund (BRRR)は1580万ドルの枯渇を経験した。

グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)は3950万ドルの資金流出を記録した。

対照的に、ブラックロックのiシェア・ビットコイン・トラスト(IBTC)は630万ドルの流入を記録した。さらに、ビットワイズ・ビットコイン・ファンド(BITB)は同日、760万ドルを集めた。

関連記事:ビットコインETFの購入方法徹底ガイド

総効果はすべてのETFで6,490万ドルの純流出であった。ビットコインETFの中で最後に記録された純流出日は5月10日。

これらのシフトはファンド残高と市場の安定性に大きな影響を与え、過去12時間で1億100万ドルの暗号資産清算をもたらした。このうち9,443万ドルはロングポジションによるもので、ショートトレードでは657万ドルの清算が行われた。

暗号資産清算
暗号資産の清算|コイングラス

最近のボラティリティにもかかわらず、著名な金融関係者はビットコインの将来に前向きな見通しを維持している。金持ち父さん貧乏父さん」の著者であるロバート・キヨサキ氏は、富への戦略的な道としてビットコインを提唱している。

「起業家として億を稼ぐのは難しい。私は知っている。自分のビジネスを始めて億万長者になるには、本当に賢く、献身的で、運がよくなければならない。 私がビットコインを貯蓄しているのは、ビットコインが私のために苦労をしてくれるからです。だから私はビットコインが大好きなのです」とキヨサキ氏は語った

関連記事:ビットコイン(BTC)価格予測 2024/2025/2030

市場がこうした変化を処理する中、暗号通貨愛好家のセンチメントは慎重ながらも楽観的なままだ。当面はさらなる変動を伴うかもしれないが、ビットコインのような暗号通貨の永続的な魅力は、ベテラン投資家と新規投資家の両方を引き付け続けている。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
ハルシュ・ノタリヤはジャーナリストであり、最新のWeb3と暗号資産のニュースを配信することを得意とする暗号資産専門家である。以前はSportyのグロースマーケター、Totality Corpのコミュニティコンサルタントとして、同氏はコミュニティのエンゲージメントとフォロワーを大幅に増加させた。また、トップ暗号資産インフルエンサーのShivam Chhunejaのために、教育的でありながら楽しい体験となるようミームを織り交ぜた魅力的なコンテンツを作成した。彼の多才なスキルは、暗号資産ジャーナリズムにおいて注目すべき人物となっている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー