詳細を見る

ビットコイン億り人らは高級車から不動産に選択肢を変更

4 mins

ヘッドライン

  • 暗号資産の大富豪は、今や高級車だけでなく不動産にも投資している。
  • 暗号資産1ドルあたり9セントが住宅購入を後押しするという研究結果。
  • 2017年のビットコイン価格高騰は、住宅価格上昇のスピードと連動している。
  • promo

初期のビットコイン投資家、いわゆる「億り人」と呼ばれる富豪らがランボルギーニといった贅沢品に費やすというシナリオは変わりつつある。

最近の調査によると、暗号資産の大富豪たちは現在、新たに得た富を不動産投資に振り向けており、より成熟した消費パターンを示している。

ビットコイン億り人は成熟しつつある

ブリガム・ヤング、ノースウェスタン、インペリアル・カレッジ・ロンドンといった著名な研究機関が参加した研究によると、暗号資産増加はアメリカの不動産市場に顕著な影響を与えている。

連邦預金保険公社(Federal Deposit Insurance Corp.その結果、暗号資産の含み益1ドルにつき約9セントが家計支出に充てられたことが明らかになった。

ソーシャルメディアでは高級車や宝飾品への贅沢な出費が美化されることが多いが、暗号資産による経済効果の実態は微妙である。この調査では、暗号資産家の住宅投資の傾向が浮き彫りになっている。これは、宝くじの当選金というよりも、伝統的な株式投資と類似している。

BYUのダレン・アイエロ助教授(金融学)は、「われわれの推計では、暗号資産による家計支出は、伝統的な株式投資によるパターンに近い」と指摘している。

英語で読む2024年に最もビットコインを所有するのは誰か?

この傾向は、ビットコインが約950ドルから1万4,000ドルに急騰した2017年に特に顕著だった。研究者たちは、暗号資産への関与が高い地域の住宅価格は、暗号資産中心ではない地域よりも著しく速く上昇することを発見した。具体的には、これらの暗号資産に恵まれた郡の住宅は、12ヶ月間でさらに43ベーシスポイント上昇した。

さらに、暗号資産の引き出しに関する別の分析によると、多額の引き出しは、その後すぐに住宅への支出の増加につながった。

「暗号資産取引所の口座から5,000ドルを引き出した世帯のうち、20世帯に1世帯が初めて住宅を購入しました」と、BYUのジェイソン・コッター教授(金融学)は話している。

ビットコイン億万長者の不動産投資へのシフトは、資産管理への戦略的アプローチを反映している。軽薄な支出というステレオタイプなイメージとは一線を画している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-1934.png
Bary Rahma
バリー・ラーマはニューヨーク大学でジャーナリズムの学位を取得した有能なジャーナリストである。 幅広いキャリアの中で、CNNなどの有名メディアで働き、調査能力とストーリーテリング能力を発揮してきた。現在はBeInCryptoで、ダイナミックな暗号資産に関する洞察に満ちた記事を執筆している。BeInCryptoでの仕事に加え、Binanceのコンテンツライターとして、暗号通貨のトレンド、市場分析、アルトコイン、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、ICO、トークノミクスに関する有益なコンテンツを作成し、専門知識を提供している。ジャーナリズムと暗号資産に関する知識をユニークに融合させた彼女は、この業界で多才かつ高い評価を得ている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー