詳細を見る

ビットワイズ、200万ドルの損害賠償訴訟

6 mins

ヘッドライン

  • ビットワイズ・アセット・マネジメントは、ヴァンデレイ・インダストリーズから財務不正の疑いで200万ドルの訴訟を起こされている。
  • ムカマル一家がビットワイズのファンドに投資した130万ドルは、市場が低迷する中、強制的な換金と手数料の引き上げに直面した。
  • 原告は、2021年の投資について虚偽の説明をしたために約193万ドルの損失を被ったと主張し、業界の慣行を浮き彫りにした。
  • promo

ビットワイズ・アセット・マネジメントは、ムカマル一族の代理人であるヴァンデレイ・インダストリーズからの訴訟に直面している。訴訟ではビットワイズとそのトップが重大な財務上の不正行為を行ったとし、200万ドルの損害賠償を求めている。

論争の発端は、Mukamal一家が2018年初めにBitwise HOLD 10 Private Index Fundに約130万ドルを投資したことだった。この家族には、引退した看護師と彼女の2人の息子、弁護士のTheodore MukamalとファッションスタイリストのAndrew Mukamalがいる。

ヴァンデレイ・インダストリーズがビットワイズを提訴した理由

2020年までに、Bitwise社がファンドを私募から店頭(OTC)市場で公開される存在に移行することを提案したため、緊張が高まりました。同時に、管理手数料が25%増加した。原告らによると、こうした変更はCOVID-19市場の低迷期に強要されたもので、原告らの選択肢を大幅に制限した。

「BeInCryptoが閲覧した法的文書によると、「転換するか、売却価格で売り抜けるかという原告の “選択 “は、まったく現実的な選択ではなかった。

続きを読む:暗号資産ヘッジファンド:クリプト・ヘッジファンドとは何か?

訴訟では、Bitwiseの幹部が虚偽の説明をしたとされる新しい条件の下、2021年に総額485万ドルの投資が行われたことも指摘されている。これらの行為は、Mukamals氏をより不利な条件に閉じ込めたとされる。その結果、2024年初頭の純資産価値計算に基づくと、Mukamal家は193万ドル近い金銭的損失を負担しなければならなかった。

とはいえ、Vandelay Industriesはビットワイズに対して以下のように主張している:

  • 受託者義務違反
  • 過失
  • 過失による不実告知
  • 詐欺
  • 詐欺行為の共謀
  • 1934年証券取引法第10条(b)違反

この法廷闘争は、より広範な業界の慣行、特に投資会社が市場のボラティリティの中で開示と移行をどのように管理するかにスポットライトを当てている。2021年に5億ドルの価値を持ち、約30億ドルの資産を運用するビットワイズは、ダニエル・ローブやスタンリー・ドラッケンミラーといった影響力のある投資家から支持を得ている。

このような後ろ盾は、手続きに大きな社会的関心と複雑さを加える。

さらに、ビットワイズが抱える法的問題の影響は、法廷をはるかに超えて広がる可能性がある。この法廷闘争は、暗号資産の管理や、投資家とのコミュニケーションに求められる透明性のレベルについて、先例を作るかもしれない。

BeInCryptoとのインタビューで、ビットワイズの広報担当者は、セオドア・ムカマル氏には個人的な利益を追求するために、他人や元雇用者、企業を脅し、訴えた過去があると主張した。

「セオドアは、同氏が投資先として選んだBitwiseのデジタル資産ファンドのリスクと詳細を理解し、受け入れることを確認する文書に何度も署名しています。今年初め、同氏はBitwiseに接触し、多額の報酬を支払わない限り、Bitwiseを告訴し、報道でBitwiseの評判を誹謗中傷すると脅しました。ビットワイズの広報担当者はBeInCryptoに、「彼の主張には全くメリットがないと考えており、激しく争っていくつもりです」と語った。

ビットワイズは、ビットコイン上場投資信託(ETF)である ビットワイズ・ビットコイン・ファンド(BITB)の発行者でもある。

SoSoValueのデータによると、BITBは7月5日時点で20.8億ドルの資金流入を集めている。 このETFの純資産は21.8億ドル相当である。

続きを読む:ビットコインETFの取引方法:段階的アプローチ

ビットワイズ(BITB)ETFのフロー。出典:SoSoValueSoSoValue
ビットワイズ(BITB)ETFのフロー:SoSoValue

先週、BitwiseはスポットEthereum ETFのS-1提出書類を更新した。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー