詳細を見る

ブラックロックのBUIDLが時価総額5億ドルを突破 ― RWAトークンの急騰を促す

5 mins

ヘッドライン

  • RWA.xyzのデータによると、ブラックロックのBUIDLトークンは時価総額5億ドルを突破した。
  • 3月にスタートしたBUIDLの市場価値は、フランクリン・テンプルトンのBENJIを上回った。
  • トークン化されたトレジャリー・セクターが牽引役となり、市場価値は前年同期比で急上昇。
  • promo

RWA.xyzのデータによると、資産運用大手のBlackRockが9日、Securitizeと提携して発行したトークン化された米国債BUIDLが時価総額5億ドルの大台を突破した。

この達成により、BUIDLは市場最大のトークン化ファンドとなった。また、金融セクターにおける実物資産(RWA)のトークン化の影響力の高まりを浮き彫りにしている。

BUIDLはRWAトークン化セクターで地歩を固める

今年3月にローンチされたBUIDLは、フランクリン・テンプルトンのフランクリン・オンチェーンUSガバメント・マネー・ファンド(BENJI)のような、時価総額でより確立されたファンドをあっという間に凌駕した。この急速な上昇は、トークン化資産への関心の高まりを浮き彫りにしている。

BUIDLの時価総額急増は、より広範なRWAトークンセクターにも影響を与えている。CoinGeckoのデータによると、過去24時間以内にRWA関連資産の時価総額は3.5%増加した。

先頭を走っているのはONDOとMantra (OM)トークンで、それぞれ2%と5.1%の増加を記録した。また、トークン化されたトレジャリー市場全体の成長も目覚ましく、時価総額は5億7,240万ドルから17億9,000万ドルに急増し、前年比212.72%の増加を記録した。

続きを読む 現実世界の暗号資産(RWA)に投資するには?

トークン化された財務省の時価総額
トークン化された財務省の時価総額 出典:RWA.xyz

この成長は、トークン債の実用化にも及んでいる。RWA.xyzは、様々な金融エコシステムにおいて、トークン化された国債を担保として利用する傾向が強まっていると指摘している。

例えば、SuperstateのUSTBとBUIDLは現在FalconX Networkで担保として受け入れられており、Ondo FinanceのUSDYはDrift Protocolで利用できる。さらに、OpenEdenのトークン化された米国短期国債(TBILL)の発行体であるHill Lights International Limitedに対するMoody’sの最近の債券格付けのアップグレード。A-bf」の格付けによりTBILLトークンは投資適格のステータスに昇格し、投資家へのアピールが高まった。

ハミルトンのような企業もまた、さまざまなブロックチェーン・プラットフォームを模索することで、RWAトークン化の限界を押し広げている。先週、ハミルトンはStacks、Core、BoBを含むビットコインのレイヤー2ソリューション上で、初の米国財務省証券のトークン化を発表した。

RWAのトークン化には、債券、不動産、負債などの有形資産をブロックチェーン・ネットワーク上でデジタルトークンに変換することが含まれる。これらのデジタル表現は、DeFiエコシステム内で交換、移転、活用することができる。Hamilton社の共同設立者兼CEOであるMohamed Elkasstawi氏は、BeInCryptoに対し、RWAトークン化分野における潜在的な新たな機会について説明した。

「トークン化された資産は、伝統的な金融市場に透明性、流動性、アクセシビリティの向上をもたらすと予想しています。分数所有と24時間365日の流動性を可能にすることで、質の高い投資機会へのアクセスが民主化されると考えています」と同氏は語った。

ゴールドマン・サックス、JPモルガン、シティなどの大手金融機関は、トークナイゼーション・テクノロジーを積極的に模索し、投資している。さらに、マッキンゼーやボストン・コンサルティング・グループなどのコンサルティング会社は、RWA市場が2030年までに数兆ドルに達すると予測している。この予測や関心は、トークン化資産に対する大きな可能性と関心の高まりを反映している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー